富士五湖TV

広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展

コテージ 戸沢センター
富士山の絶景が望める展望風呂を4棟完備

by Fujigoko.TV

ホーム/ 掲示板各種/ 広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展

富士五湖.TVに広告を出してみませんか?

特報、連載中の葛飾北斎の視点(凱風快晴)
NHK歴史秘話ヒストリア」(2017年4月21日放送)で検証されました

掲示板&投稿集

富士五湖いろいろ掲示板
イベント掲示板
地元掲示板
口コミ掲示板

富士五湖特派員報告
富士五湖TV報告
特派員外も五湖便り
投稿画像コーナー
富士山ベストショット
ライブカメラ画像集
ライブカメラ殿堂
FujigokoTVでつぶやく

富士山ライブカメラ

山中湖高台180度
山中湖平野(望遠)
山中湖長池
忍野富士
忍野八海
忍野高台
富士山五合目(望遠)
富士吉田中曽根(望遠)
河口湖船津
河口湖逆さ富士
河口湖北岸(望遠)
河口湖大石湖畔
河口湖大石高台
河口湖勝山
西湖・樹海
精進湖子抱き
本栖湖千円札
職業訓練センター(望遠)
大原学園富士宮(望遠)
富士宮市柚野
富士市茶畑(望遠)
裾野庭園鉄道(望遠)
裾野市河川敷(望遠)
小山町須走(望遠)
河口湖畔
河口湖畔道の駅
山中湖畔
明見湖(広角)
国139昭和大入口
マップ交通カメラ
アクアリウム


広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展





2011年10月21日04時21分


河口湖美術館

Profile 全投稿表示

広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展

歌麿、写楽から幕末バラエティーまで
■会期=2011年10月29日(土)−12月24日(土)
■休館日=火曜日
■開館時間=9:30〜17:00ただし入館は16:30まで(11月末まで)
      9:30〜16:30ただし入館は16:00まで(12月)
■入館料=一般・大学生800(720) 高校生・中学生500(450) カッコ内は8名以上の団体料金
●主催=河口湖美術館
●監修=中右瑛(国際浮世絵学会常任理事)
●企画協力=E.M.I.ネットワーク

(展覧会概要)
「浮世絵」という呼び名のもともとの意味をたどると、浮き世、憂き世のことをあらわした絵のことであるといわれています。うつろいゆく世の中や人生の、つかのまのひとときを描いた光景とでもいいましょうか。歴史考証などと硬い話は横に置いといて、浮世絵の作品を見ながら、江戸のひとびとの暮らしが如何様であったかをあれこれと想像するのは楽しいことです。
 宿場から宿場へと、歩みきた道中の風景、そこはかとない哀愁と旅情、旅先で出会う人情の機微、洗練された江戸美人の艶姿、歌舞伎の千両役者が大見栄を切る、土俵の英雄、びっくり仰天の妖怪変化、幕末横浜の風情をつたえる港の風景、洒落とユーモア・・・・市井の民ならば旅がしたくても現代のように容易にはかなわず、テレビもインターネットも存在しなかった時代に、ひとびとは、浮世絵の刷り物を手に、行ったことのない遠くの地に思いを馳せ、先端のファッションを知り、あるいは贔屓の役者に胸をときめかせ、またあるいは今でいうSFホラー小説の世界に心を躍らせたことでしょう。
 近世の江戸という都市で、狩野派に代表される官御用達の大芸術とは別に、浮世絵が、庶民の情報メディアとして喜ばれ育まれながら、世界に類例のない独特且つ高度な版画芸術として成熟し、また、時を経て、その巧みな画面構成や、輪郭線と平面的色彩による造形表現が、モネ、ゴッホ、ロートレックら、西洋近代絵画の巨匠たちに衝撃を与えたことは有名なエピソードのひとつです。
 本展は、歌川広重の旅のシリーズとして名高い当時の大ベストセラー「東海道五拾三次」、同じく広重の「五十三次名所図会」、葛飾北斎の小判「東海道五十三次」を一堂に公開、またそのほかにも、歌麿、写楽、豊国ら浮世絵界の大立者たちが描いた名作傑作怪作あわせて約二百三十点で構成します。

※かつ飾北斎のかつは、本当は草冠に曷ですが、文字コードに無いので葛飾と表記することで仕方がないと思います。

広重と北斎、両者両様の東海道五十三次を見比べ、また大正時代に各宿場を撮影した写真を対照させて展示します。
******************************************************************
◆会場=河口湖美術館 401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口3170 電話0555-73-2829
◆アクセス=・富士急行河口湖駅から路線バス「甲府駅行」「大石プチペンション村行」のバス停「河口湖美術館前」下車徒歩約7分 ・河口湖周遊レトロバスのバス停「河口湖美術館」下車すぐ ・中央自動車道河口湖I.C.から約15分 無料駐車場有り
◆連絡先
河口湖美術館 tel 0555-73-2829 fax 0555-76-7879
http://www.fujisan.ne.jp/kgmuse/
kgmuse@tiara.ocn.ne.jp(担当 学芸課 渡辺吉高)

コメント

削除修正新規









 
富士山周辺特派員MENU
すべての投稿報告
広域公共情報報告(標準表示)
会員のプライベート報告
富士五湖TVから報告

<<2019年>>12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

過去のタイトル(新着順)
コレクション展 富士山いろいろ 秋

ロートレックとベル・エポックの巴里−1900年

アルフォンス・ミュシャ

ミュージアム・コンサート〜音楽のある風景〜2016-2

小磯良平 挿絵で辿る聖書の旅

富士フォトギャラリー新宿

櫛・簪の美

毎月14日を『入館無料の日』にしました

昭和洋画壇のきらめき 安井、梅原など−或るコレクションより

第15回富士山写真大賞展

演奏会タイトル=ミュージアムコンサート〜音楽のある風景〜 2013-1

ミュージアムコンサート〜音楽のある風景〜

ナショナル ジオグラフィック ワイルドライフ写真展

第13回 富士山写真大賞展

ヴィック・ムニーズ ピクチャーズ オブ ペーパー

広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展

展覧会のご案内

第12回 富士山写真大賞展

Rey Camoy 玲没後25年 鴨居 玲 終わらない旅

展覧会のご案内

過去の投稿者(新着順)
河口湖美術館


 
ホーム / 掲示板各種/ 広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展
 

Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.