富士五湖TV 神奈川沖浪裏(冨嶽三十六景)
葛飾北斎の富士山
by Fujigoko.TV
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 神奈川沖浪裏(冨嶽三十六景)の視点
当ページをダイジェストで見たい方はこちらから(PDF)
神奈川沖浪裏 冨嶽三十六景(1831年出版)より
 富士山を描いた葛飾北斎の冨嶽三十六景の中でも人気の高い「神奈川沖浪裏」。これはタイトル通りだとすると、横浜市神奈川沖となります(神奈川県の意味ではない)。この画の面白さは描いた場所ではなく見せ方にあると思います。

 その前に視点の特定を行いたいと思います。横浜市神奈川は現在の本牧あたりになり、富士山の形状を見てもほぼ間違いはありません。しかし、富士山の位置があまりに遠く、左右方向の特定は数百メートル単位での特定は難しいので大雑把に範囲を限定することから考察を始めたいと思います。

「神奈川沖浪裏」の詳細はwikiで

 まず注目したいのは富士山に残る雪の形状で、これをGoogleEarthと比較するためにグリッドを設けて検証します。富士山との実寸比は縦方向に2倍です。
 
 
金沢八景付近   神奈川〜本牧付近
 検証作業は微妙なのですが、上図左(金沢八景沖)の雪の形状と右(本牧沖)を見比べると本牧沖の雪の形状がグリッド単位でぴったり一致します。つまり、この画はタイトル通り、神奈川〜本牧沖の視点上で描いたことが分かりますが、北斎のスケッチの正確性も堪能してください。また、別の北斎画による1803年出版「賀奈川沖本杢之図」を見れば分かりますが、当時の本牧付近は埋め立てが行われておらず、岬が海まで迫っていたことを考慮します。つまり、遠浅の神奈川沖の船上の視点が候補の一つとして挙げられ、現在でいうと横浜ベイブリッジ〜大黒ふ頭沖が相当します。


富士五湖TV投稿画像(うみぼうづ様)よりベイブリッジから

 さらに北斎は1806年、木更津方面へ旅に出たことが知られており、(私の考証では館山市に近い場所ですが)冨嶽三十六景「上総ノ海路」という作品を残しています。ちなみに歌川広重も北斎の痕跡をたどり木更津を訪問したことが日記に記されていて、この日海が荒れて船に乗れなかったことが書かれています。


賀奈川沖本杢之図(1803年出版)

上総ノ海路(1806年出版)

 富士山の視点について横方向の特定は富士山と大黒ふ頭を結ぶ線上と容易にできるのですが、縦方向の特定は難しくなります。先に示した通り、「神奈川沖浪裏」はタイトル通りなら神奈川沖、現在の横浜港付近となりますがGoogleEarthで詳細を調べると以下のことが分かります。

横浜港の湾を出た大黒ふ頭沖付近では富士山の高さが足りず下まで見えていませんし、船を重ねると右の山が飛び出てしまいます。

東京湾アクアラインの海ほたるに移した付近でやっと富士山の高さが足りてきて右の山が船で隠れるようになりました。

木更津アクアライン料金所付近で「神奈川沖浪裏」の光景に近い状態になることが確認できます。しかも、船と船上人で右の山の頂がピッタリぎりぎり隠れることから、北斎ならやりかねないピンポイントでこの場所付近が「神奈川沖浪裏」視点かもしれません。ちなみに本説は概知の説でもあります。
さらに言及すると、船上構図の多い北斎のことですから、本牧大黒ふ頭〜木更津の航路上で描いたのかもしれません。
 またこの付近には、日蓮所縁の光明寺や北斎が奉納した絵馬「板絵著色富士の巻狩図絵馬(画狂人)」もあります。
 GoogleEarthで北斎の画を検証してみた結果、北斎は巧妙に富士山周辺の山が船で隠れるように意図していることが分かり非常に興味深いです。 北斎は富士山を単独で存在するよう際立たせるため船を配置したと思われますが、あくまで写実的な姿勢を崩したくなかったという思いが北斎の人間像を想像させます。

従って私の視点の解釈では、富士山と大黒ふ頭を結ぶ線上で海ホタル付近からアクアライン料金所のある木更津沖の船上で描いたと結論付けたいと思います。ただし木更津説は概知、海路上は概知かもしれませんので、私が最初に視点を特定したわけではありませんが、概知の説を補強しておきます。
GoogleEarthによる横浜市本牧延長線上考察
(千葉県木更津周辺)
千葉県木更津周辺

 次に「神奈川沖浪裏」の構図を考察してみたいと思います。私はこの画の見方には4点の注目点があると思っています。

 まず最初に、北斎が波の表現に心血を注いだ痕跡があることです。北斎は堀之内(東京杉並区)の日蓮宗妙法寺にある通称「波の伊八」の彫刻に触れていて、伊八に関心を抱いていました。ちなみに伊八の取り組んだ波の有名な彫は千葉県東頭山行元寺にあり、その原風景は千葉県房総の大東岬から見た波であると言われ、北斎も確認のためか南総の旅に出ています。このことから一説には「神奈川沖浪裏」の浪の部分は外房の波だと唱える人もいます。
 北斎が波を描いた作品は有名なところで3点あり、先に触れた「賀奈川沖本杢之図(1803年出版)」をはじめ、「おしおくりはとうつうせんのづ(1805年出版)」、「冨嶽百景二編 海上の不二(1834年出版)」を見てみたいと思います。


賀奈川沖本杢之図(1803年出版)

おしおくりはとうつうせんのづ(1805年出版)
 
冨嶽百景二編 海上の不二(1834年出版)

 いかがでしょうか?北斎が波の表現にこだわった痕跡が見えます。特に最後の「冨嶽百景二編9丁」では「神奈川沖浪裏」の片鱗が見え、完成に近いと思われます。特に面白いのは、波のしぶきが千鳥へと変化し富士山に向かって飛んでいる場面です。これは「神奈川沖浪裏」の中でも踏襲されていて非常に興味深いです。
  北斎の波の表現で良く言われることに「カメラの無い時代に千分の一秒を切り取った観察力」という荒唐無稽な論理がまかり通っていますが「そんなわけ無い」ですね。北斎を超人化する気持ちは良くわかりますが、ここでは先人の波の表現を踏襲した結果と見るべきでしょう。
確かに北斎はサヴァンの要素が顔を覗かせます。そのことは他項でも触れていますので言わずもがなですが、それだけでは単なる写生に終わってしまいます。
先人の波の表現とは「どのように描いたら実際の波より迫力が出るのだろう?」という試行錯誤の歴史です。結局のところ「高速シャッターで切り取った画像と良く一致させて描くことが正解だった」ということです。波の高さにしても北斎の芸術と遊びの融合の結果というのが正解でしょう。
現在の漫画家も同じ表現をしていますし、表現手段とはそういうものであるはずです。従って北斎は数十年かけて波の表現を模索し続けた結果として「神奈川沖浪裏」があると考えるべきでしょう。つまり、「シャッターの目」とか「望遠鏡で覗いて描いた」という現実描写主義に固執すると北斎の作家としてのスケール感が無くなるような気もします。そして、北斎は良く船に乗っていたのでしょう。船釣りを経験した人なら「ちょっとした波でも船より高いと感じることがある」と分かると思います。実際、船に乗らなければあのように波を感じることはありません。

 次に全体的な構図が挙げられます。
おおまかな構図として、1/3分割を採用しており画に安定感と注目点を与えています。基本的なことですが1/3分割するとそのグリッドの交点に視線が集まり、実際に北斎も北斎漫画3編(1878年)の中で考察をしています。
また、円と直線で構図を決めるさまも解説してあり、さながら現在の「マンガの描き方」を見ているようです。

 さて、「神奈川沖浪裏」を改めて見てみましょう(補助線は視線誘導の説明のために入れてあります)。
左下1/3の位置に富士山を置き、更に波の向かう場所も富士山に集まることによって自然に小さな富士山「1」に視線を集めます。次に富士山の対角にある大きな波「2」に視線が移動し、富士山と波の緊張感が生まれます。もちろん、「1」と「2」の順番が逆でもその効果は変わりません。そしてその後、人によって違いますが、「3」「4」と細部を見ていき、最後に「5」の空間を観察するように視線を誘導しています。
最後はタイトルに目をやり「神奈川沖浪裏」だと知り、「おいおい、あそこはこんなに波が高いのかい?」となるのでしょうか?実際に画のような波が立つ日に船を出すようなことは無いでしょうが、もしかすると先に記した通り、北斎が船に乗った日は多少波が高く、怖い思いをしたのかもしれませんね。 


 3番目に画の中に対象物を隠し、深層心理の中にイメージを埋め込む作業をしています。いわゆるサブリミナル効果と呼ばれるもので、現在ならフィルムの1コマに映されている動画と違う画を入れ込み深層心理を操るテクニックです。例えば飲料水のコマーシャルの1コマに「灼熱の浜辺」の画像を紛れ込ますと入れ込んだ画像は目に見えませんが何故かのどが渇く現象が起こります(現在はコマーシャルのサブリミナル効果は禁止されています)。

 北斎は「神奈川沖浪裏」の中に富士山のシルエットを意図的に複数入れ込んでいます。それは、はるか千葉県木更津と富士山頂まで約100Kmを直線で結んだ線上で、日蓮も越えたと言われている山中湖三国峠付近から見た富士山の形状となっています。ここから見た富士山は左に宝永火口、右に小御岳が張り出したいかり肩の特徴的な富士山の形状をしています。つまり「神奈川沖浪裏」で描かれている富士山の相似形ですね。
そして、この形状の富士山を回転させたり、反転させたり、逆さまにしたりしてジグソーパズルのように画の中にはめ込んでいます。以下に主な富士山を抜き出してみましたが、富士山宝永火口をあまり描きたがらない北斎が宝永火口と小御岳の出っ張りをこれでもかと入れ込んでいることが面白いと感じました。

 ちなみに、波の中に富士山を隠す構図は「冨嶽百景二編 容裔不二(うねりふじ)」の中に見られます。またこの画には「神奈川沖浪裏」にある押送船もあります。
 どうでしょう、富士山の稜線が波の形状と寸分違わず一致していませんか?ここまでされると北斎が「画狂老人」と名のったこともうなずけます。もっと色々な場所に富士山が見えてきた人は北斎のマジックにハマってきました。きっと江戸時代の人もこうやってこの画を楽しんだに違いありません。
また「神奈川沖浪裏」は富士山を隠しているだけではなく、富士に雪を降らせ、波しぶきを千鳥に変えることまで意図していることが分かりましたか?これは北斎の別の作品(本項上部)にある冨嶽百景二編9丁「海上の不二」にははっきりと描かれています。
 良く北斎は「神奈川沖浪裏」を描くのにあたり黄金比を屈指したと言われていますが、そもそも富士山が黄金比(1:1.6〜1:root2)を持つ稀有な山であり、だからこそ美しいと感じるわけです。科学的な検証では溶岩の持つ性質と円錐状に積み上げるバランスが絶妙だそうで、(どちらが先かは別として)自然物の美しさを数式にした値が良く当てはまります。よって北斎の画も富士山をモチーフにする以上、その数式が出現するのは当然です。ただし、その美しさに気が付いたという点ではさすがと言わざるを得ません。もちろん、富士山を誇張して描くことが更に際立たせている点も見逃せないと思います。特に「神奈川沖浪裏」は波の中に富士山を隠しているわけですから様々な数式が出現することは当然と言えると思います。

 そしてここからが重要ですが、ここまでの3点は以下に記述する最後のポイントを効果的に行う仕掛けの舞台装置に過ぎないのです。


 いよいよ最後の4点目として、この画の持つ最大の特徴を説明する準備ができました。

それは、「この画は一枚の画の中に5コマの時間経緯が描かれている」ということです。

 まず、波の効果を富士山のせり上がりと連動させて、同時に視線の運びをコマの進行とリンクさせることで止まっている波が動き出す効果を狙っています。そして、船に乗っている人が3艘とも同じようなポーズをとっていることから、この船は一艘を三分割していると想像できます。

 つまり、画の下部にある船が波に向かっていき、左の船のように波に乗り上げます。そして最後に巨大な波が覆いかぶさる様を表現し、それからまた画の下部に移り動作をグルグル繰り返します。同時に波しぶきは富士山へ雪を降らせ、波頭は千鳥となって空に飛んでいきます。それらが富士山というモチーフで深層心理にまとめられ、この画の中に見る人を引き込んでいきます。

 「何故かダイナミックな画」という印象は構図もさることながら、動きを感じることによって生み出される計算された効果なのかもしれません(北斎の画は動かしたくなる作品が多く、実際にアニメのコマ送りのような画も多くあります)。まさに名画というのに値する作品であります。


それでは北斎の仕掛けを堪能しましょう

北斎さん、「神奈川沖浪裏」は様々な相似形とコマ送りのダイナミックな画ですね

絵・写真・動画・文:久保覚(富士五湖TV)
資料:国立図書館・国土地理院・wikipedia
使用ソフト:カシミール・GoogleEarth
「神奈川沖浪裏」に問合せする
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 神奈川沖浪裏(冨嶽三十六景)の視点
 
Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.