富士五湖TV 凱風快晴(冨嶽三十六景)
葛飾北斎の富士山
by Fujigoko.TV
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 凱風快晴(冨嶽三十六景)の視点
   
凱風快晴 冨嶽三十六景(1831〜1833)より
 富士山を描いた葛飾北斎の冨嶽三十六景の中でも「神奈川沖浪裏」・「山下白雨」とならび人気の高い作品で、通称「赤富士」と呼ばれています。「凱風」とは南から柔らかく吹く風を意味しており、このことから夏の富士山を描いたものと認知されています。

 しかし、このように有名な作品であるにもかかわらず、この浮世絵の視点は不明であるとされており、「三ツ峠周辺・富士吉田市・静岡沼津周辺」と様々な説があります。まず、三ツ峠周辺や富士吉田市からの視点ではないかとする説の根拠は「赤富士」と呼ばれる自然現象やそこから見える山頂の平らな形に由来しています。

 「赤富士」という自然現象は近年のカメラマンが富士山を撮影する際に夏〜秋の早朝、山梨側から見た富士山の東肌へ朝日が当たり、富士山が赤く染まる様を言い、その有名な撮影スポットとして富士吉田市の滝沢林道が挙げられます。また、「凱風快晴」の画に見られる「鱗雲」が秋をイメージさせ、赤富士の季節と重なることも「凱風快晴」は山梨側という説を補完しています。
 一方で、個人的に分かる範囲で江戸時代の文献を紐解いてみても「赤富士」という記述はごく稀にしか散見されず、特に富士山が赤く染まる現象は注目されていなかったのではないかと思われます。ましてや現在のように情報もない時代に「赤富士」という現象に偶然居合わせるのも難しいでしょう。
 
山梨県富士吉田市滝沢林道より赤富士(9月)
(画像は故渡辺誠司様)

「凱風快晴」の詳細はwikiで

 では何故、「凱風快晴」は赤色なのか?という疑問があると思いますが、「凱風快晴」の初期摺版の富士山はそんなに赤くありません。こげ茶色という表現が近いかもしれません。その後、版を重ねるごとに富士山は赤みを増し、ふもとの木々は青から緑へと変化していきます。もちろん異論があるでしょうが、「凱風快晴」はそれぞれ異なる版も多いのも事実です。しかし、ここで大切なことは「心象で視点を判断してはいけない」ということで、あくまでも論理的に考えることだと思います。

 次に静岡側から描いたとされる根拠ですが、同じ北斎の「冨嶽百景二編9丁(1835年)」の中に「快晴の不二」という画があり、これが「凱風快晴」の元になったという説があります。この画の富士山は斜面についた雪の量が「凱風快晴」より多く、手前に愛鷹山を従えています。また、下に目を移せば何艘かの船が海に浮かんでいる様子が見えます。このことから、この画の視点は沼津千本松沖であると思われます。現在の私の検証では沼津市内浦に浮かぶ淡島から描いたと考えています(さらに要検証必要)。

 さて、謎の多い本作品の視点ですが、私も最初は(地元愛から)三ツ峠周辺から忍野地区のどこかだろうと思いシミュレーションを重ねました。そして、違和感があるものの忍野地区の二十曲峠付近が最も山体の様子と残雪の具合が似ており、考察を一度終えたのでした。
誰もが陥る間違った解釈例の考察過程
(忍野地区方向の北富士演習場内より、三ツ峠でも同じことが言える)
(2015年以前の考察)
コラム:山梨側の検証で生じた違和感とは
・描かれている雪形は山梨側で見たことが無い。特に三ツ峠から見た雪形は山頂左上から右下にかけて斜めに横切る雪形が印象的だが「凱風快晴」には描かれていない。
・赤富士の自然現象は夏〜秋によく見られるが、その季節に山梨側から見た富士山には残雪がない。
・「凱風快晴」の赤い部分の日の当たり方が右からに見える。画の中の右とは山梨側からだと西に相当し、朝日と矛盾する。


ここから本題
 しかし、そんなある日、他の浮世絵の富士山を検証するために私が保有している富士山ライブカメラ(http://www.fujigoko.tv/live/)の通年画像のすべてを閲覧中に一枚の画像が目に留まりました。その一枚というのは「富士市茶畑ライブカメラ(所在地:富士市大渕)」の4〜5月分です。以下の画像がそれです。
富士市茶畑から見た富士山
(
http://live.fujigoko.tv/?n=21
     
4月22日 拡大 凱風快晴
 残雪の形状に注意してみてください。
いかがですか?印象的なY字を逆さまにした残雪の形状が北斎の画とほぼ同じ位置に観察できます。これは、つまり、「凱風快晴」は富士市から見た富士山がモチーフになっていると考えられます。しかし、今まで富士市から見る富士山が選考に漏れていた原因として、富士山右に見える宝永火口と山頂の形状が違うことが挙げられます。この解釈が北斎の富士を難解にしている原因ですが、個人的に北斎のいくつかの作品を俯瞰的に眺め続けた結果分かったことがあります。それは、「葛飾北斎という人はスケッチの正確性に執着する部分があるかと思えばスケッチ・デッサン集の部品を加工して配置する手法を多用したり、幾何学的デッサンにこだわる、今風に言えば理系人間っぽさがある」ということで、彼の思考回路を理解することで真実に近づけるような気がします。

 葛飾北斎のスケッチ力は非常に優れており、ほとんどの作品で富士山の稜線と残雪は実際の状態に近いと私の中で確認されています。したがって、道理に合わないスケッチの狂いは当方の解釈に間違いがある場合がほとんどだと今では理解しています。このことは他の作品の中でも追々記述していきたいと思います。

 それでは、以上のことを念頭に置いて「凱風快晴」の検証を続けたいと思います。
 まず最初のヒントになった「ライブカメラに写っている富士山の残雪の位置」ですが、その雪形を正確に山体シミュレーションソフトのカシミールで富士山の沢に相当する部分に照らし合わせ、雪形と沢の位置関係を特定しました。ちなみに富士山の残雪跡は噴火の噴出物周辺や崩れた瓦礫の跡といった木の無い部分に出現し、いわゆる沢と呼ばれている部分に筋を残します。
 要するにライブカメラに残された雪型から推定される「凱風快晴」の雪型位置のずれを計算で求め、実際のライブカメラの位置から推定される視点の位置を作図してみます。

1.5月初旬のライブカメラ画像

2.カシミールで合成し沢の位置を把握

3.「凱風快晴」と富士山稜線を無理やり合成

4.雪形のずれの推定値を求める

5.雪形のずれは6〜8度と推定し、ライブカメラ位置との離れを作図する

結果、その場所は「静岡県富士市本市場」と「富士川河口」の線上と推定。

コラム:歌川広重
 歌川広重の「吉原山川白酒」という浮世絵が総合庁舎前に掲げられていますが、この画の富士山の構図はまさに北斎の残雪と一致します。東海道間宿(あいのしゅく)本市場は吉原宿と蒲原宿の間にあり、多くの茶屋が建ち並んでいたそうで、「白酒」や「葱雑炊肥後ずいき」などが知られ、広重の画もこの様子だそうです。まずはこの風景を念頭に当時を偲びたいと思います。 

北斎に少なからず影響を受けていた広重がこの画を描いたことで、ますます推定した付近が怪しいと核心を得ます。

 さてこれまでは残雪の模様からポイントを絞りましたが、実は富士山の山頂と稜線が一致していません。しかし試行錯誤の結果、以下の処理を施したいと思います。なお北斎画の特性上、処理画像は予め縦方向に約1.6〜1.8倍に引き伸ばしてあります。

傾けて移動
GoogleEarth画を普通に重ねると以上のようになる   時計回りに6度傾け宝永火口を枠外に持っていく

 GoogleEarthでシミュレーションした結果が上図です。いかがでしょうか?全ての要素がピタリと一致しました。北斎の富士山を検証していくと分かりますが、北斎は宝永火口を描きたがりません(唯一描いた作品は冨嶽百景の中に一枚あります)。それにしても上手い具合に火口を枠外に配置して描いていると思います。

 特に富士山の左の稜線に注目すると、起伏がほぼ一致しています。画の左下にある小山の出っ張りは富士山の寄生火山の塒塚(とやづか)です。特定地点を静岡県富士市本市場に設定するとこの塚は実際の画より大きく見えることになります。よって北斎の画に表現された塚の大きさを検証すると現在の富士川河口付近周辺に限定されます。もしかして、北斎の見た富士山の視点は当時の富士川河口から海に出た船の上かもしれませんが、ここでは仮定として一般的にありがちな東海道視点を採用します。しかし、他の北斎の浮世絵を見ますと田子の浦沖、沼津沖と船上から描いた作品も多くあり、実際の「凱風快晴」は現在の富士川河口付近の船上から描いた可能性もあります。

カシミールによる富士市視点の考察過程
(現在の静岡県総合庁舎付近)
(2015年当時の考察)
コラム:画像変換について
 変換に用いる値は想定されるカメラの画角で多少異なりますが、実際の風景を縦方向に1,6〜1.8倍、時計方向に4〜6度傾けると「凱風快晴」に近くなります。注目すべき点は、「雪形」で位置を計算した視点から見る富士山は「凱風快晴」の富士山とほぼ重なる点です。ちなみに旧東海道上で「凱風快晴」の雪形とピッタリ一致する点は区間ごとに細かい修正を繰り返した結果、「富士郵便局」の延長線上にあたります(2017年1月現在)。ただしこの結果は、雪型を沢に当てはめて富士山の稜線を合わせるために「多少」の画像変換を施してあります。この「多少」の変換によって「ズバリここだ」とは言い切れない事情があります。
 また当然のことながら、特定できたのは横方向の位置であり、奥行きには多少のずれがあります。上記までの想定では一般的な「東海道」を想定しましたが、現在の推定では「富士川沖の海上」だと思っています(2017年1月現在)。 
富士郵便局からのカシミールと「凱風快晴」
東海道沿線で雪形・山容の一致度が最も良好な地点
(2016年当時の考察)

 想像してみる。季節は5月初旬の早朝、前日までの晴天も今日から天気が崩れるのか鱗雲が空を覆ってきた。しかし空はまだ高く、(日の出間もなくなので)田子の浦から江尻に向かう船上からは富士川河口が作り出した平野の向こうに日に染まった富士山を見る。その時一陣の南風が北斎の頬をなで筆を運ばせた。

 いかがでしょうか?山梨側の山国の風景から静岡側の海上風景へ、木々が落ち着き始めた晩夏から新緑の初夏へと、今まで抱いていた画のイメージとだいぶ違いますね。北から見る富士山の赤富士という現象にこだわると夏〜秋の早朝の富士山のイメージですが、南(富士市周辺)から見た場合なら初夏の日が昇って少し経った時か夕方の時間帯です。「凱風快晴」では右から日の光が当たっていますので早朝だと推定でき、5月だと日の出(4:46)から30分後の5:10分ごろの画だとライブカメラの画像からも分かります。

5月11日の色変化

ちょっと分かりづらいか?
 ちなみにこちら(左)は同じライブカメラの2016年7月31日 5:10の画像です。色の変化が分かり易いですね。
この画像からわかるように7月の後半に残雪はありません。しかし、北斎の描いた「凱風快晴」の日の当たり方の検証としては上出来だと思います。
その前に、私が冒頭で否定した「赤富士」の件を北斎がきっちり抑えていたことに謝らなければなりませんね。北斎さん、私が浅はかでした「ごめんなさい」。

 次の検証として、空に浮かぶ通称「鱗雲」は秋のイメージですが、空気の澄んでいる日なら一年中見られる現象です。鱗雲が出ると天気が乱れ、秋の好天が続いた後に台風が近づくと特に印象に残るので、鱗雲は秋のイメージになっているにすぎません。仮に北斎の画のように残雪がここまで残るには積雪がかなりあった後でなければなりません。つまり、もし秋なら11月中旬以降で、しかもかなりの積雪があった年ではないかと思います。こういった意味でも晩夏説は否定されるべきだと思います。参考写真は富士市茶畑ライブカメラ(2015年5月8日)が捉えた雲の様子です。


この後、傘雲ができて天気が崩れ曇天に。
翌日は小雨がぱらつき、11日に天気回復。

コラム:新名所?
 先に紹介した通り、現在の静岡県総合庁舎には歌川広重の「吉原山川白酒」が掲げられています。もしかすると今後、葛飾北斎の「凱風快晴」も掲示されるかもしれないでしょう。私は当初、山梨の新観光名所を探すつもりで考察をはじめましたが思いかけない結果になりました。偶然にも静岡の人たちと打ち合わせするときによく使用していた施設がこの総合庁舎なのです。もちろん、富士山頂と現在の富士川河口を結ぶ線上のどこでも視点の候補になりますので、どこか展望の良い場所を名所にすることを祈っています。

「凱風快晴」と「カシミール」の検証用合成画
(現在の富士川河口、富士川緑地付近)
(2016年当時の考察)

こちらの方がより「凱風快晴」の構図に近くなる。

富士総合庁舎〜富士川河口の間周辺

 最後に傾けて欠けた山頂はどこから持ってきたのでしょうか?
「凱風快晴」の山頂の形を見ると頂が5つ見えます。これは南東から北東の間の特徴で、きれいな等間隔に頂が並ぶ形状は東から見た富士山となります。とすれば、北斎が描いた東から見た富士山の画を見れば検証できます。北斎はいくつか東から見た富士山を描いていますが、例として分かり易い「甲州三嶌越」を見てみます。この画は現在の山梨県と静岡県の県境にある籠坂峠から見た富士山を描いていますが、その山頂を見ると5つの頂が等間隔で書いてあります。全く同じ形状ではありませんが、富士山の稜線のでこぼこの起伏は下図の「甲州三嶌越」との合成で赤い枠線の範囲でシンクロしています(分かり易いように「甲州三嶌越」の画は一回り大きく富士山の稜線は白く合成してあります)。
 冒頭で記した「凱風快晴」のモチーフは「快晴の不二」ではないのか?という説がありますが、「快晴の不二」の富士山の頂は3つになっています。これは南東から南西にかけて見える富士山の頂の特徴でもあります(まれに南から見た富士山の頂を4〜5つだという人もいる)。ちなみに南西から北東にかけて富士山の頂は4つから3つになり、再び東寄りになると一気に5つになります。

 北斎はなぜ山頂の数を5つにしたのか分かりません。富士市から見た富士山なら3つの頂を描かなければなりません。しかも一番左は剣ヶ峰の鋭くとがった頂が突き抜けているはずです。もしかすると、これが北斎の美意識に触れたのかもしれません。北斎は富士市から見た富士山を「ああ、宝永火口と山頂が無ければ美しいのになぁ」と思ったのかもしれませんし、「山頂は見慣れた江戸からの形にしよう」と思ったのかもしれません。もしかすると「凱風快晴」は北斎の仕掛けた謎々だったのかもしれません。今となっては想像するしかありません。一部の人の中には「もしかしたら北斎は富士山を見ないで描いたのではないか?」という見解もありました。ともあれ、「凱風快晴」の視点位置は200年近く解けなかったのですから北斎にとって「してやったり」なのかもしれません。

 「凱風快晴」の浮世絵は私自身が想像したことと違う結果が出ましたが、他の北斎富士でも定説通りではない結果が出ていますので驚きは少なかった印象です。葛飾北斎を一躍世界の天才に仕立てた「凱風快晴」の富士山ですが、その印象的な「赤富士」というモチーフは現在の評価であり、当時の北斎も摺師も意図していなかったかもしれません。現在の評価が独り歩きした感がありますが、それでも人々を感嘆させた構図と色遣いは葛飾北斎の名声を落とすことはないでしょう。

 定説を信じていた人には驚きかもしれませんが、本項が再検証され賛否が北斎研究を進めるきっかけになればと思っています。特に視点と時間が分かれば北斎研究の大きなヒントになることは間違いありません。

 では最後に構図の考察もきちんと行います。
「凱風快晴」の構図は単純で、対角線と1/3点のシンプルな構図です。富士山は縦方向に引き伸ばされていますが、初夏手前の残雪と麓の新緑が鮮やかです。宝永火口は絶妙に隠され、残雪上部から「1」の方向へ視線を移し新緑を楽しみます。その後、大きくあいた左上空間「2」の雲の一群に思いを馳せます。

 そして、タイトルの「凱風快晴」の文字を見て、爽やかな南風を感じながら富士に思いを寄せます。タイトルに地名が無いことから北斎は富士山の雄大さを感じて欲しかったのではないのでしょうか?
コラム:北斎の画のタイトル
北斎の画を検証してみて不思議な共通点を発見しました。それは「富士山を加工したり描き足した画のタイトルは地名を書かないか変更してある」ということです。今回の「凱風快晴」もそうですが「山下白雨」も場所の特定が難しく、私の検証では富士山を加工してあります。また、「甲州伊沢暁」や「甲州石班澤」は実際に見えない富士山を裾野まで描いているのですが、こちらもタイトルの文字を変えてあります。これらは北斎のポリシーなのでしょうか?

【追記:その後の現地調査の結果】
 実際に現地の画像を当てはめてみました。「凱風快晴」の左下にある山の出っ張りの雰囲気を見る限り、富士川河口付近〜蒲原手前付近が有力で、断定しても良いと思います。
 さらに詳細に詰めるなら富士川河口沖の海上にあたります。
本市場合同庁舎より

北斎加工


左下の小山が大きい
富士川河口緑地より

北斎加工


左下の小山は小さくなった
 机上推論を経て、実際に何度か現地を訪問し「凱風快晴」の視点を考察しました。その心象結果、どうしても「凱風快晴」に描かれている左下の出っ張りの大きさが気になります。また、数ある「凱風快晴」の異版の中には左下の出っ張りが簡略化されているものも気がかりです。このような考察の結果、「凱風快晴」は富士川河口沖の海上遠方から描いたと見るのが正解のような気がしてきました。大胆な発想のチェンジです。
もし、「凱風快晴」を海上からの視点だと想定すると「東海道江尻田子の浦略図」の視点がタイトルと違うのではないかという長年の疑問も解けるかと思います(別述)。

 ここでいったん葛飾北斎の「凱風快晴」の総括をします。北斎の画は「デフォルメしてある」とか「構図の想像力」とか言われますが、以上の検証を通して理解できたことがあります。それは、「細部にわたって見てみると正確なスケッチの積み重ね」で画が構成されており、「デフォルメどころか写実そのもの」ではないかと思えるのです。
この北斎の特性は他の画(他の富士山画)の視点場所の検証に大きく役に立ちます。つまり現在、北斎の描いた場所が不定とされている画の視点場所も「精密なスケッチで構成されているはず」で、見つけられないのは「その組み合わせを私たちが発見できない」からなのです。北斎の時代も私たちの時代も富士山に変化は無いとすると必ずどかに同じ景色があるはずだと信じることができます。そういった意味で「凱風快晴」は北斎画の謎を解く鍵の第一歩になった貴重な経験でもありました。

 以上、これらのことは「甲州三坂水面」や「山下白雨」、はたまた「甲州伊沢暁」や「甲州石班澤」などの検証でもいかんなく発揮されました。その検証は他頁で。

コラム:葛飾北斎の特殊能力
 「凱風快晴」の画を検証した結果一つだけ分からないことが出てきました。それは、日の光の当たり方があまりにも正確過ぎるため「いったいどうやって記録したのだろう?」ということです。一般的に富士山の稜線や雪形は白黒の墨で紙に記録できますが(それでも雪形の細部まで正確なことは驚きではある)、日の当たり方は面とグラデーションで記録しなければなりません。まるで写真で記録したように正確なのです。
 他の北斎作品の中でも時折特殊能力が見受けられます。例えば「神奈川沖浪裏」の中では瞬間を切り取る能力、さらに時間経過を分割する能力、「甲州三坂水面」の中では時空経過を一つにまとめる能力、「山下白雨」の中では大胆な視野転換能力、などなどです。
 ここで一つの仮説が現実味を帯びます。それは「北斎はサヴァン症候群、あるいはアスペルガー症候群なのでは?」ということです。ご存じない方もいると思いますが、この症候群の人の中のには見たものを後日そのまま再現できる能力の人がいます。しかも普通の再現能力ではなく、写真と見違えるほどの正確性をもって画を描く人もいます。例として正確な作風と違いますが、山下清さんはこの症候群だったと言われています。
 葛飾北斎は自身に興味のないものには無頓着な奇人だったと言われています。冒頭示した彼の理系的こだわりや細部にわたる再現性はもしかすると…と思わざるを得ません。

「凱風快晴」の視点は富士川河口付近のスケッチを傾けた画と(100%)断定いたします。

視点位置は、他の作品との関連から河口を離れ海上であると想像できます。

5月の富士川河口(桜エビの天日干し)

現在の富士川河口と駿河湾

田子の浦←→江尻の海路風景
 
2017年1月現在の最新推定視点位置
富士山山頂と富士郵便局の線上に位置する富士川河口沖1.6〜2Km
緯度 35 06' 09.20 , 経度 138 38'05.13
レンズ50mm撮影画像を縦に1.65倍、時計回りに4度傾けた画像が「凱風快晴」
 
200年の謎は解けたよ北斎さん
   

絵・写真・動画・文:久保覚(富士五湖TV)
資料:国立図書館・国土地理院・wikipedia
使用ソフト:カシミール・GoogleEarth
「凱風快晴」に問合せする
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 凱風快晴(冨嶽三十六景)の視点
 
Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.