全件表示

<<2020年>>7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

過去のタイトル(新着順)
富士東部県議会 勉強会

総務常任委員会

6月定例会始まる

グリーンゾーン構想推進政策研究会

同窓会活動に参加

総務委員会県内研修

事務所長、職員との意見交換会

林政部現地調査にて、

政策提言案作成委員会にて

会派分裂の本当の理由

歯科医師、接種に協力へ

ワクチン本格的に配布

山中湖でのソーラートイレ

国土強靭化委員での研修にて、

25人学級導入1ヶ月

ワクチン頼み

忍野村の皆さんと

足和田地区の皆さんと

女性部が、知事訪問

県民の皆さんに笑われるかも?

新年度 初総務委員会活動

ワクチン接種を!

コロナ慣れ

ワクチン接種始まる

4月12日よりワクチン接種

中京、関西 圏、より便利に、

「剣道都留⇔道志線」「新防災トンネル」が2月県議会で議論〜実現に!

令和3年2月山梨県定例議会での私の対応について

令和3年2月定例県議会報告

新会派で、がんばります。

山梨県ワクチン班編成

御坂トンネルの舗装

忍野村老人グラブの皆さんと、

河口湖商工会と、

ワクチンの準備

西環状線視察

令和2年11月定例県議会報告

令和2年9月定例県議会報告

ワクチン

厚生労働省は、抗菌症薬 デキサメタゾン を新型コロナウイルス感染症の治療薬として認定

リニア開業について

ワクチン来春

治療薬承認

コロナ治療薬国内審査簡略化

既存治療薬

県政報告 Vol.4

*****

2月定例会一般質問

富士ヶ嶺地区にて

河口湖北岸の県道工事進捗状況

 





2020年7月22日14時00分


流石やすし

Profile 全投稿表示

厚生労働省は、抗菌症薬 デキサメタゾン を新型コロナウイルス感染症の治療薬として認定

厚生労働省は、抗菌症薬 デキサメタゾン を新型コロナウイルス感染症の治療薬として認定したと、7月22日の日本経済新聞朝刊一面に掲載されております、皆さん治療薬が、段階的にでき希望の光が見えてきています。頑張りましょう。東京や大阪など、大都市圏内では、感染者が増えていると、テレビや、新聞朝刊など放映掲載されて、います。検査体制が4月や5月とは、異なり充実してきたことも、感染者が増えた要因だと、おもいます。重症患者は、まだ、少なく、医療体制も、しっかりしているので、私自身安心しております。皆さんもう少しの間頑張って下さい

コメント

削除修正新規













2020年7月2日21時57分


流石やすし

Profile 全投稿表示

リニア開業について

過日、静岡県の川勝知事がJR東海との会談にNOを突きつけました。
お互いに言いたい事はあるのでしょうから、納得いくまで話し合って頂きたいと思います。
山梨県は品川までの早期部分開業を目指して積極的に働きかけていきます。
さて、リニアには「コロナ後の世界で出張も減り必要ない」という意見もありますが、それは旧来の意見を持つ人たちであり、実際はテレワークが進む世の中になるほどリニアは必要となるはずです。
例えば山梨県の場合、テレワークを上手に活用するなら「普段は環境の良い山梨に居住して仕事をし、何かあったら東京へ出かける」のに好立地です。
東京に住む人々の多くは賃貸に居住し、満員電車で仕事に赴くことが当たり前のように思っていますが、テレワークの有用性によって脱都会の志向は高まることでしょう。
つまり、テレワークが進むほど生活の場として環境の良い山梨にはチャンスであり、リニアは有効です。
現に新幹線の通る地域では未だ少数ですが、テレワーク、週末ワーク、通勤等の手段で社会生活を営んでいる人もいます。
コロナ禍が無くてもこのような働き方の変革への流れは増えていましたが、今回の経緯を踏まえると地方在宅勤務への要望はさらに加速すると思われます。いや、はずです。
以上を踏まえて県内に目を向けますと、富士山麓から山梨リニア駅まで最低でも40分以内のルート整備を進めるべきでしょう。1時間少々で確実に東京中心部へたどり着けます。
自宅から1時間少々で確実に東京に到着できるなら富士山麓地域は環境面からも在宅勤務の重要性が注目されると思います。
このことは特に富士山麓の若い人が学びのため、はたまた働く場所として都会に出ていくことも少なくなり、更にいうと、今は都会にあるテレワークに適した大企業の誘致にも一助します。
逆もしかりで、何も企業の本社が東京である必然性はなく、山梨、あるいは富士北麓であっても良いはずです。
ここで理想を述べるなら「大企業の待遇を得ながら生活は富士北麓地域となれば充実した生活を送られるのではないか」というのは言い過ぎでしょうか?
●そのためには、現在計画されている「第二御坂トンネルルート」もしくは「芦川〜リニア駅までのトンネルルート」の確定を急ぐ必要があります。
私個人としては「芦川〜リニア駅までのトンネルルート」の着工を笛吹選出県議3名と推進しております。
●さらに、リニア計画が今後どのような経緯をたどろうとも「甲府駅周辺〜品川ルートの早期開業」を目指し、JR東海ならびに国に対して要請していきたいと思います。
山梨県はコロナ以降の世界の規範となるよう、リニアを契機として世の中に問いたいと考えています。
●最後に富士北麓地域に関しては 現在の都留実験センターを「今の新幹線で言うところの『こだま号』停車駅」として活用できるよう、北鹿県議8名と提案しております。

コメント

削除修正新規