全件表示

<<2022年>>11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

過去のタイトル(新着順)
中川雄三さんは故人になりました

近所のスター・オナガ

柿ジャム美味し!

秋の御馳走!

クルミ好き!

秋色二題!

今年は完全に雨男!で濡れネズミなトビ

*****

雨後のお客さん

国蝶オオムラサキ参上!

水の中から見上げると・アオバトの吸水

水場の新客・ノスリ

雨中の囀り!オオルリ

薪小屋に集まる宝石!ルリボシカミキリ

長雨

雨上がりのオオルリ

梅雨ながら水場は大賑わい!

曲者現る!アライグマ出現

エナガのヒナの巣立ち

のんびり歩くと見えてくるもの!

それぞれの巣作り! エナガとクマバチ

油断大敵!

水ぬるむ!

三寒四温?

日差しとカラスに誘われて!

新刊発行「ふじさんのいちねん」

心不全で急遽冬眠中となり申し訳ありません!

テレビ放映のお知らせ・NHKさわやか自然百景「東京 等々力渓谷」

束の間の雪景色

背戸山のカラスの塒・ねぐら

百舌鳥の高鳴き!

秋・ハスの花托に止まるのは

秋の明見湖

ハシブトガラスの羽根遊び

NHKダーウィンが来た!放送のお知らせ

シカ乗りカラス!

カラスの写真絵本出来ました!

アオサギ日光浴

お熱いのがお好き! ハシボソガラス

明見湖の虹・再び

雨の明見湖 ハスの葉は自然の鹿威し!

恐怖の夏休み、相変わらずの無法地帯富士山!

大スクープです!ホオジロの蟻浴

明日8月3日は例年恒例の私の担当する明見湖探鳥会です!

スズメ、夏は肉食系なのね!

アオゲラ 雨上がりの地面採餌

スズメ・可愛くて恐るべしハンター!

カワセミの雛が今年も無事に巣立ちました!

カラスはとっても綺麗好き!

台風一過?

 

2021年6月8日21時29分


削除修正新規

2021年6月4日中川雄三さんは故人になりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。



中川さんに寄せて…
私が中川さんに初めて会ったのは約20年前の2002年の秋でした。
この歳時記を開始していただいたのは2008年1月からです。
これまで閲覧された方々には本人にかわってお礼いたします。
HPならびに本項記載内容は故人の功績を鑑みてできうる限り保存しておきます。
                     富士五湖TV 久保覚

2020年12月26日10時52分


削除修正新規

 身近な近所で見かけることが出来るのに、ゆっくりとは姿を見せてくれないカラス科の美しい鳥のオナガ。「ゲーイ、ゲーイ」っと賑やかな声はすれども姿は一瞬なんてことばかりで、なかなか写真撮らせてはくれません。まるで近所に住むのに近寄れないスターみたいですね。

 今日はたまたまリハビリ散歩中に遭遇。ピラカンサでの食事中でした。

2020年12月21日15時19分


削除修正新規

 市街地の民家の柿の実も、ほど良く熟してきて、美味しそうな柿ジャム状態です。普段は賑やかなムクドリたちも黙々と入れ代わり立ち代わり食事にやって来ます。時折チーチーとメジロたちの姿も。

2020年12月8日12時23分


削除修正新規

 冷え込んできてからはイマイチな体調で、なかなか撮影にも出かけられていません。ぽかぽか陽気を選んでちょこっと撮影です。撮影もブランクが空き頻度も減ると、だんだんと勘が鈍り撮影の腕が落ちてくるのが歴然な気がします。

 って落ち込んでてもしょうがないですね。まーまだまだリハビリ途中って事で前向きに生きましょう。ベストタイミングは逃しましたが、それぞれ食事中のカットです。ハシボソガラスは公園の草むらで産卵直前のオオカマキリを捕らえ、コゲラはマユミの実にやって来ました。

2020年10月27日20時17分


削除修正新規

 いやー、これも今まで気が付きませんでした!モグラの仲間のヒミズはクルミが大好き。クルミの木の下ではリスの食べ残しやクマの食べ残しなどなど、考えてみたら誰かの食べ痕を漁るだけでもけっこう楽にご馳走にありつけますね。そのまた食べかすはアリたちの大好物でした。

2020年10月3日13時47分


削除修正新規

 秋色二題です。一つは散歩中に偶然に出会えたアゲハチョウたち。もう一つは長年野ネズミたちを撮影していたのに、撮り忘れていた一コマ。ヤマボウシの赤い実がヒメネズミたちの好物とは気付かずに見過ごしていました。写真はまだ若い幼獣です。

2020年9月25日16時19分


削除修正新規

 今年は体調も崩しましたが、リハビリ中も何かと雨の日が多くてしっかりと雨男状態になっています。まーでも前向きに考えると「ちゃんと体を休めなさい」ってことになるのかもしれませんね。

 今日は車でロケハン中に出会った濡れネズミ状態のトビをパチリとね。なかなか哀愁の漂う背中ですなー。

2020年9月11日10時20分


削除修正新規

 夕立後の森で出会えた美しい生き物たちです。手のひらサイズの大きな蛾ヤママユの美しい目玉模様!

 それから大きな鷹のクマタカの幼鳥です。もう後頭部にはちゃんと冠羽が伸びていて美しくて精悍なフォルムでした。

2020年9月7日15時31分


削除修正新規

 土砂降りの雨後の夜明けに、山道で出会った夏毛のテン。細くてとってもしなやかな動きでした。早起きは三文の徳、なーんてね。歳取っただけですが!

2020年8月21日22時20分


削除修正新規

 ボーボーに伸びた庭の草刈り中に、我が軽四駆のタイヤに執拗に大きな蝶がやって来ました。どうやら車で雑草を薙ぎ倒し圧接している時に、落ちてた柿の実を踏んずけた匂いに誘われたようです。

 長い間じっとして吸汁しているので、近付いて記念写真を撮ろうとすると、威嚇の為なのか羽を開いてびっくり。久々に見るその雄姿は国蝶のオオムラサキでした。

 今年は冬に体を壊して未だにタイヤ交換さえ出来ていなくて、そのせいかおかげでタイヤの細かいスリットにはたくさんの果肉を挟み込めたようでした。思わぬ幸運で、間近に美しい姿をたっぷりと目に焼き付けることが出来ました。