富士山周辺と富士五湖の総合情報-Fujigoko.TV

富士吉田市 レジャー

割烹 七草
富士北麓名物「富士まぶし」あります。

by Fujigoko.TV

ホーム /Web検索 / 検索結果

富士五湖.TVに広告を出してみませんか?

Fujigoko.TVデータベースより、61件見つかりました。 (1件→20件)

 検索結果にキーワードを追加

杓子山釣倶楽部
http://www009.upp.so-net.ne.jp/shakushi/

釣堀 キャンプ場

Click→詳細情報

とっても面白いフライフィッシング
ルアーフィッシングで、楽しく愉快な、のんびりとしたフィールドです。自然河川での緊張した釣りに疲れたときや、仲間や家族や恋人同士でのんびりしたいとき、そんなときに一服の「杓子山釣倶楽部」をどうぞ。
当倶楽部はトラウト(マス)のフライフィッシング、ルアーフィッシングを対象とした管理釣り場です。ワーム・ラバージグ・パワーエッグ等ソフトベイトの使用、ルアータックルでのフライ使用(トレーラー、スプリットショット等)、餌釣り、テンカラ釣り、ひっかけ、飛ばし浮き・玉浮き・大おもり等を使用しての釣りは禁止です。フライBRルアーの管理釣り場は魚の密度が非常に高く、魚体の損傷を防ぐために、そして、ゲーム性を高めるために、あえて、釣法を限らせていただいております。フィールド内でのルール(遊魚規則)はここで楽しむ最低限でのルールですので、厳守していただいております。最近は、管理釣り場から自然のフィールドにステップアップしていく方も多いと思います。当倶楽部で、マナーやリリース方法なども含めたトータル的な技術アップをしていただければ幸いです。

リゾートイン芙蓉(フヨウ) 河口湖インター店
http://www.fuyo-hs.jp/

ビジネスホテル 温泉浴場

Click→詳細情報

インターネット無料、ベット全室セミダブル使用、河口湖インター、富士急ハイランド近く大浴場、露天風呂”のあるビジネスホテル。
マイクロバブル露天風呂のあるビジネスホテル。
岩盤浴・サウナあり。
(フード・ドリンク・アルコール)レストラン併設。

ビジネスホテルご宿泊者様は、日帰り温泉「泉水」ご利用無料(岩盤浴は有料)。併設。

桜の見所
http://www.fujigoko.tv/viwp/sakura/

イベント ビューポイント

Click→詳細情報

4月中旬〜5月中旬。特に富士ビューホテルの桜はよく整備されていて見事。詳しい場所の説明は下、「ホーム・参照ページ」にあります。
富士吉田市新倉山浅間公園(忠霊塔)、勝山村冨士御室浅間神社、勝山富士ビューホテル、河口湖大石湖畔、御坂旧道、山中湖ホテルマウント富士、河口湖長浜、精進湖、永泰寺、忍野お宮橋
詳しい場所の説明は下、「ホーム・参照ページ」にあります。

ビジネスホテル 芙蓉
http://www.fuyo2300.com/

ビジネスホテル

Click→詳細情報

レジャーにビジネスにあなたの拠点にご利用ください。
新しいホテル機能を求めた当ホテルはきっとお客様にご満足いただけるくつろぎのスペース。快適さと安全性も考慮しました。ビジネスでのご宿泊に、観光めぐりに、みなさまのご利用をお待ちしております。
連泊でご利用いただけるお客様には、割引対応もしていますので、お気軽に問い合わせ下さい。

まつや茶房
https://www.facebook.com/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%84-428362207623347/

喫茶店 鍼灸・マッサージ・整体 ギャラリー

Click→詳細情報

昭和初期を思わせる不思議な感覚の空間
1、からだを整えるスペースとしてご利用ください
○「からだを感じるじかん」〜あわ〜小俣さおり
慢性的なからだの緊張をほぐし、こころの緊張も解いていく方法

○「GLA 関節調整」遠山直子
3つの大切な首(足首・手首・首)をゆるめることで
からだ本来の動きを取り戻すメソッド

2、イベント開催
発信したいことをまつやの空間を使い発信していきます

3、貸しスペース
「まつや倶楽部」
まつやの空間を使って、自分のやりたいこと、伝えたいことをやる。
そんな仲間の倶楽部です。
まつやの のんびり ほっこり な空間とともに、お楽しみください。

富士山登山学校ごうりき(近藤光一)
http://www.fujitozan.jp/

登山 体験 自然

Click→詳細情報

富士山登山案内人(富士吉田市公認)を務める近藤光一さんのHP
1997年より富士山登山案内人を務める。夏の登山シーズン中、主に大手旅行会社のツアー登山者を、約40回以上頂上に案内している。
頂上を目指す観光型登山のみならず、麓からの里山型登山まで、自然財産を守りながら人と自然が共生することの大切さを伝えることと、登山の安全管理を活動理念とする「富士山登山学校」を今年10月に設立。
「富士山は未来の子どもたちからの借り物である。今よりも良い状態で引き継いでいきたい。」そのために、富士山の観光と環境の調和を目的とする旅を提案、実践するコーディネーターとして活動していく。

泉瑞 (泉水)
http://www.fujigoko.tv/viwp/mizu/

体験

Click→詳細情報

富士山から湧き出る地下水。休日になると遠く東京から水を手に入れに来る人もいる。現在は周辺企業の取水の為か涸れている。
今から約800年前、将軍源頼朝は天下にその威を示さんと富士山北麓に雄大な巻狩りを行ないました。
その際、道に迷い渇きに苦しむ勢子のため、頼朝は神に祈りつつ大地に杖を突きたてるとそこから水晶のように澄みきった冷たい水がこんこんと湧き出したといわれました。これが「泉瑞(せんずい)」の謂われです。
近くの「中の茶屋」で井戸を掘るまでは、知る限り富士山頂に一番近い水源でした。

国道139号線(富士吉田市昭和大学入口交差点)交通情報カメラ
http://live.fujigoko.tv/?n=7

ライブカメラ ドライブコース

Click→詳細情報

富士吉田市「貸別荘 パインツリー」付近の交通情報
ライブカメラ(2秒間隔自動更新)設定場所は、山中湖と河口湖を結ぶ国道にあります。
ここは富士吉田市と富士五湖の交通の要所で、最も交通量の多い場所です。
富士五湖全体の交通状態の目安に活用してください。
冬季は道路の積雪情報としても便利です。

杓子山湧水
http://www.fujigoko.tv/viwp/mizu/

体験

Click→詳細情報

不動湯と同じ水系と思われる杓子山の湧水。岩の間から湧いている。
杓子山からの湧(ゆう)水を活用。地下水に比べて硫酸、塩素、カルシウムなどのイオンが5―7分の1と少なく、やけどや切り傷など、特にアトピー性皮膚炎によく効くといわれる。
水温約10度の源泉を飲めば、肝臓やじん臓にも効果があるとされる。
湯治客だけでなく水を汲む人の行列が絶えない、富士吉田市の隠れた人気スポットです。

富士山レーダードーム館
http://www.mfi.or.jp/dome/

博物館

Click→詳細情報

日本の気象観測の象徴ともいえる富士山レーダーは、気象観測の大切さを広く知ってもらうための展示施設として、ここ富士吉田市で第二の人生を送っています。
昭和30年代、日本は度重なる大型台風の上陸により甚大な被害に見舞われていました。富士の山頂に気象観測施設を設置すれば、レーダー探知半径が広がり、南方洋上から接近してくる台風を早期に発見できるようになる。標高3,776mの富士山頂にレーダーを設置することは、気象関係者にとって永年の悲願でした。
 昭和38年(1963)6月、富士山頂への気象レーダー建設に着手したものの、工事は困難を 極めました。標高3,776mという史上例のない高地での大規模工事、そして乱気流 が渦巻く世界有数の危険空域・富士山頂への巨大ドームの空輸・・・。しかし、関係者の情熱と使命感は次々と起こる問題や難作業を克服し富士山レーダーを完成へと 導きました。
 昭和39年(1964)9月10日、ついに念願の富士山レーダー完成。翌昭和40年(1965) 3月からは本格的な運用を開始し、「台風監視の砦(とりで)」として日本の空を休みなく見つめ続けてきました。台風をいち早く察知し、天気予報や災害防止にその威力を発揮した富士山レーダーは、気象観測技術の発達とともに台風監視の役割を気象衛星や新気象レーダーに引き継ぎ,平成11年(1999)11月、35年間の観測業務の幕を静かに閉じました。

日帰り温泉 泉水
http://www.fuji-sensui.jp

温泉浴場

Click→詳細情報

浴壁・浴床に、富士山溶岩素材を使用し、また最先端テクノロジーを駆使したマイクロバブル水を使用しています。 全国初となるマイクロバブル露天風呂は、全国湯巡りファンの皆様からも注目され、ご好評いただいています。
「富士山溶岩の湯 泉水」のお風呂・飲料水は、富士山の湧水を使用しています。この富士山の湧水には、天然ミネラル成分として”バナジウム”が含まれています。バナジウムは、富士山に降った雪や雨が玄武岩層の溶岩の地層を数百年もの長い歳月をかけて通り抜ける際に地下水に溶け出したもので、健康の維持に重要な成分として注目されており、まさに富士山溶岩の恵みといえます。

「はなの舞」富士吉田店では、海の幸、山の 幸など四季折々の旬の食材をご提供しております。 ランチ、お食事、お飲み物・デザート、お子様セットなど豊富 なメニューをご用意致しております。
ご家族連れ、グループ、ご宴会など幅広い用途でご利用くださ いませ。

御師 旧外川家住宅
http://www.fy-museum.jp/

文化財 博物館 富士吉田

Click→詳細情報

富士吉田歴史民俗博物館附属施設として富士山とくらしを知る四つのゾーンに分け学芸員が訪れた個人・グループ・団体の方々のタイムスケジュールに合わせて案内してくれる。山梨県指定文化財。母家が江戸時代中期、離れが明治時代の建物で貴重な資料が多数。
2008年4月から一般公開され、ガイドの案内も付く。
富士講の盛んな時期、富士登山は御師の家に泊まり出立していった。すべての広間は97畳ある。

御師とは、神主の資格を持ち、富士信仰を広めながら、登拝者を泊める宿坊を経営する職業。

ホテルエバーグリーン富士
http://www.evergreen-fuji.com/

ホテル

Click→詳細情報

富士北麓の森の中、一年中たえることなく葉をつける針葉樹林に囲まれた「身近なリゾート」を味わえるホテルです。
悠久の自然とおもてなしの笑顔が満ちあふれる当館には、豊富な会議・研修専用フロアと最新の機器を備えた専用施設がございますので、団体のお客様のニーズに合わせて様々にご利用いただけます。
また、都心からも近い富士北麓のさわやかな自然の中には、みどころいっぱいのレジャースポット、富士急ハイランドを始めとする修学旅行や学生団体の旅行に最適な観光スポットにも近いので、移動に時間をかけずに楽しめます。

鐘山温泉ホテル鐘山苑
http://www.kaneyamaen.com/

温泉浴場 温泉旅館 ホテル

Click→詳細情報

富士吉田市の大きなホテル。2万坪の庭園があり、温泉も大好評。琴の生演奏で出迎え、広々とした日本庭園と富士山を展望できる大浴場あり。
「水と緑と太陽」をテーマに、大自然の中の最高の設備で心に残るおもてなしをモットーとし、いつまでも心に残る結婚式のお手伝いを。
泊まって良かった、また来たいと言う満足度・喜びの提供をコンセプトにしています。

人材開発センター 富士研修所(富士Calm)カーム
http://www.nikkeiren.or.jp/fujiken/

ホテル 合宿・研修

Click→詳細情報

企業経営トップセミナーから新人社員研修まであらゆる宿泊研修のご要望におこたえします。
富士山を間近に仰ぐ広大で静寂な敷地と、完備された研修宿泊施設、行き届いたサービスはあらゆる形態のご利用にもご満足いただけます。
ビジネスでのご宿泊や一般の方のご利用も可能です。また、日帰りでの会議にもご利用いただけます。

BLACK CAT
http://blackcat681.web.fc2.com/

体験 雑貨

Click→詳細情報

アトリエ教室・クレイ&アロマセラピーサロン・スウィーツ教室を行っております。
アットホームな雰囲気の中、楽しく嬉しくなるような作品を一緒に作りませんか?
旅の思い出に、手作りスウィーツ体験も楽しいですよ。
クレイ&アロマセラピーサロンでは、自然の力を借りて、心と体を癒します。

完全予約制なので、お気軽にお問い合わせ下さいね♪

spica
http://ameblo.jp/spica-ecocafe/

喫茶店 ギャラリー

Click→詳細情報

有機EM野菜、天然酵母パン、無添加菓子、手作りせっけん、など。
ランチは月替わりで、富士宮焼きそばセットや各種スープがある。

富士小室浅間神社(下浅間神社)
http://www.fgo.jp/~yabusame/

神社仏閣 文化財

Click→詳細情報

本殿の北側にある「かつらの木」は、根廻り13m、樹高28m、枝張東西15m、南北14m、樹齢600年と推定。
社伝によると人皇第五十代桓武天皇の延暦十二年、征夷大将軍坂上田村麿が東征の折り、此の地より、遙かに秀麗なる冨士の山容を拝し戦捷を祈請、数々の苦難災いを断ち四年にして大勝のうちにその功業を収めたので神護を謝し社殿を草創したという。時に大同二年(皇紀一四六七年・西暦八〇七年)の昔である。

由来当神社への崇敬は武士、庶民の間に洽く篤く、中世は武田家の祈願所として尊信あり。

古くは上吉田及び松山三村を含む富士山北口登山道沿線の産土総鎮守(土地の守り神様)です。

「後に各村で浅間明神を一祠に祭るが、今も猶上吉田には子生まれて百日の後社参するに、先ず下宮へ参詣す」と「甲斐国志」に記されています。

当神社の社号は、最も古い記録では「宮」と記され、時代が下り近隣各村で浅間神社が祀られるようになると「下宮浅間神社」「富士下宮浅間宮」と呼称されていましたが、明治期に入り現在の「小室浅間神社」と改称されるようになりました。

「小室」とは、そこに神霊が常在するの意で、浅間信仰中独自の位置づけを持つものであり、その侭山の神、田の神信仰及び氏神信仰と重層する形で、当神社への崇敬が展開されてきたところに年間の諸祭祀が位置づけられています。

又、市内の中心に位置するところから、年間の諸祭事に参詣者多く愈隆昌のうちにある由緒深き神社であります。

富士五湖文化センター/富士吉田市民会館
http://www.mfi.or.jp/fcpa/

劇場

Click→詳細情報

富士北麓一帯の文化活動の拠点。
音楽・芸術などの大殿堂であり、市民会館は各種講座・講演会などの開催の場として広く市民に利用。
図書館
現在蔵書量:13万冊、学習室あり。

農鳥
http://www.fujigoko.tv/viwp/noutori/

アナウンス

Click→詳細情報

富士北麓(富士吉田・河口湖以西)の富士山八合目下に見られる雪の鳥の形。
通常は農作業の始まる季節(春4月〜5月)に出現する。
標高2,600mから2,700mにかけて現れ、鳥の形をしていることからこう呼ばれ、富士吉田市や河口湖町の人たちは昔から農鳥の現れる時期によってその年の天候や吉凶を占った。
かつて1月中に現れると凶作になると言われた。現在ではこの地方の春を告げる風物詩となっている。

ホーム /Web検索 / 検索結果

Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.