富士山周辺と富士五湖の総合情報-Fujigoko.TV

アナウンス

割烹 七草
富士北麓名物「富士まぶし」あります。

by Fujigoko.TV

ホーム /Web検索 / 検索結果

富士五湖.TVに広告を出してみませんか?

Fujigoko.TVデータベースより、18件見つかりました。 (1件→18件)

 検索結果にキーワードを追加

Top

富士まぶし
http://www.fujigoko.tv/nmeemon/mabusi/

飲食店 アナウンス 公式サイト

Click→詳細情報

富士山麓のマスと薬味をコラボレーションした富士河口湖町の名物料理。一食で三度楽しめます。
まずは、鱒をご飯でまぶし、一膳目を頂く。…なるほど。
    つぎに、お好みの薬味等を添えて二膳目を頂く。…美味い。
        さらに、お好みの薬味等に出汁をかけて三膳目を頂く。…んめぇ〜。

 四膳目以降は季節とお店の薬味の変化を楽しんで、お好きな食べ方でどうぞ。

 ※姫鱒(ヒメマス)の漁期にあたる、3月〜5月と10月〜12月は特別料金にて富士姫まぶしを提供いたします。通年提供できる虹鱒(ニジマス)より身がしまっており、香りも強いのが特徴です。提供店舗情報にてご確認ください。

富士山有料道路(富士スバルライン)
http://subaruline.jp/

ビューポイント アナウンス ドライブコース

Click→詳細情報

河口湖から富士山五合目までの大自然を貫く29.5Kmの山岳ドライブウェイ。
約40分で雲海の広がる標高2,305mの五合目に到達します。富士五湖が足下で輝き、南アルプス、八ヶ岳、秩父山地を見渡す絶景の地。
マイカー規制中に規制にならない車両は、バス(11人乗り以上のマイクロバスを含む)・ハイヤー・タクシー・自転車・一輪車、下山車両・指定車(救急車・パトカー・消防車・郵便物の集配車等)、馬車・許可車(警察署長の許可を得た車輌。但し、所定条件を満たしている者のみ)。
一般的には、タクシーを利用するかシャトルバス(河口湖駅・北麓公園)を利用する。

1月・2月      9:00〜16:00 (下り終了時間17:00)
3月 1日〜15日  9:00〜16:00 (下り終了時間17:00)
3月16日〜31日  9:00〜17:00 (下り終了時間18:00)
4月1日〜19日   9:00〜17:00 (下り終了時間18:00)
4月20日〜30日  6:00〜18:00 (下り終了時間19:00)
5月当面の間     6:00〜18:00 (下り終了時間19:00)
6月         3:00〜20:00 (下り終了時間21:00)
7月・8月      24時間
9月         24時間(試行)
10月        3:00〜18:00 (下り終了時間19:00)
11月1日〜15日  4:30〜17:00 (下り終了時間18:00)
11月16日〜30日 9:00〜17:00 (下り終了時間18:00)
12月        9:00〜16:00 (下り終了時間17:00)

■普通車
・普通自動車
・小型自動車
・牽引自動車が軽自動車等の連結車
※上記料金 2,060円(往復) 620円(一部往復)

■中型車
・マイクロバス(11人以上29人以下・総重量8t未満)
・普通貨物車(総重量8t未満・最大積載量5t未満)
・牽引自動車が軽自動車等または普通車の連結車
※上記料金 3,400円(往復) 720円(一部往復)

■大型車
・路線バス (30人以上または総重量8t以上)
・バス (29人以下・総重量8t以上・長さ9m未満)
・普通貨物車  (総重量25t以下で4車軸)(総重量8t以上又は最大積載量5t以上で3車軸以下)
・牽引自動車が普通車、中型車、大型車(2車軸)の連結車
※上記料金 4,700円(往復) 920円(一部往復)

■特大車
・バス (30人以上又は総重量8t以上)
・普通貨物車 (4車軸以上)
・大型特殊自動車
※上記料金 7,900円(往復) 1,540円(一部往復)

■軽自動車等
・軽自動車
・バイク(125.1cc以上)
・小型特殊自動車
※上記料金 7,900円(往復) 420円(一部往復)

■軽車両等
・自転車
・原動機付き自転車(125cc以下)
※上記料金 200円(往復)  60円(一部往復)

富士山噴火史
http://www.fujigoko.tv/mtfuji/vol1/

アナウンス 富士山

Click→詳細情報

富士山前史は小御岳、愛鷹山、箱根山の各山で15万年火山活動を休止している。この各山を土台に現在の場所に噴火口が開きできたのが富士山である(古富士)。
古富士は8万年前から噴火を始め、大量の熔岩を噴出、1万年前には現在の富士山に近い姿を造った。その後休止期間をおいて再び噴火を始める。青木ヶ原樹海は864年の長尾山噴火によって誕生。最も新しい噴火は1707年の宝永噴火で、富士山中腹に穴をあけた。

富士山
http://www.fujigoko.tv/trekking/fujisan.html

登山 アナウンス ビューポイント

Click→詳細情報

言わずと知れた日本一の山、「富士山」。高さだけでなく、美しさ、知名度等、どれを取っても日本一である。
富士五湖周辺に住む私達は、幼いころから富士山と対峙しているため、「富士山のある風景」はごく当たり前の光景だった。
事実、朝、部屋の窓を開けると、窓いっぱいに広がる富士山。
その光景を見ると自然に今日の天気がわかる。
表を歩けば、富士山の方向によって方位を知る。
春は山菜取り、夏は涼み、秋はきのこや木ノ実、冬は厳しさを与えてくれる。

富士山登山シーズン
http://www.fujigoko.tv/trekking/fujisan.html

登山 アナウンス

Click→詳細情報

基本的に7月1日〜8月31日
7月前半は梅雨が明けておらず、8月後半は雷が多い。よって7月下旬〜8月上旬がもっとも良い。ただし、登山客も多いので注意。
深夜遅くまで登山者と山小屋の灯りが途絶えることはない。

国鱒 クニマス
http://ja.wikipedia.org/wiki/クニマス

アナウンス

Click→詳細情報

かつて秋田県の田沢湖にのみ生息した固有種だったが、田沢湖の個体群は1940年頃に絶滅し、2010年に京都大学研究チームの調査により、山梨県の西湖で現存個体群の生息が確認された。
2010年、山梨県の西湖にて生存個体が発見された。きっかけは、京都大学教授の中坊徹次がタレント・イラストレーターで東京海洋大学客員准教授のさかなクンにクニマスのイラスト執筆を依頼したことであった。

河口湖・吉田口登山道
http://www.fujigoko.tv/trekking/coc024.html

登山 アナウンス

Click→詳細情報

5合目まで車・高速バスでいける人気のルート。5合目で吉田登山道と合流し、さらに8合目で須走口登山道と合流し、登山者数が急増する。
5合目、小御岳神社脇から出発し高度を下げて吉田登山道と合流。右に曲がりいよいよ登山の開始。6合目、7合目は歩きにくい砂礫の道をクネクネ登る。7合目〜8合目は溶岩の岩登り。本8合手前で砂礫に戻り、須走口登山道と合流。9合目の鳥居を抜けると1時間で頂上。下りは下り専用の登山道を進む。途中で須走口との分岐があるので間違わないようにする。

富士山登山持ち物
http://www.fujigoko.tv/mtfuji/vol8/index.html

登山 アナウンス

Click→詳細情報

登山未経験者のための必需品。ウインドブレーカーなどの基本的な装備はもちろん富士登山特有の必需品もある。
登山靴は良いものを…これだけで登りも降りもかなり楽になる。
軍手も忘れずに…岩場とかで役に立つ。
傷バンソコウ…靴ずれができたら重ねて貼り付けていく。
水…1リットルあれば良いと思われる。足りなければ山小屋で調達できる。芯を抜いたトイレットペーパー。マスクかタオル…富士山は埃っぽい、特に下山道では口元をガードしたい。目薬もあると便利。
富士登山は紫外線が多いので、日焼けが気になるのなら日焼け止めを。
タバコを吸う人はエチケット灰皿。
ゴミや濡れた衣類のためにビニール袋数点。
携帯食料(カロリーメイト)やキャラメル等の高カロリー食品。
筋肉疲労を緩和するもの。ウエットティッシュ。
歯磨きの代わりにキシリトールガム。

赤池
http://www.fujigoko.tv/viwp/akaike/

ビューポイント アナウンス

Click→詳細情報

幻の富士六湖と呼ばれ、雨量が多く精進湖の湖面が上昇すると出現する。
西湖・精進湖・本栖湖は地下で繋がっているといわれているが、その湖の水位が上昇すると精進湖近くの窪地に出現する。山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖の富士五湖に1つ加わって富士六湖と呼ばれることもある。

農鳥
http://www.fujigoko.tv/viwp/noutori/

アナウンス

Click→詳細情報

富士北麓(富士吉田・河口湖以西)の富士山八合目下に見られる雪の鳥の形。
通常は農作業の始まる季節(春4月〜5月)に出現する。
標高2,600mから2,700mにかけて現れ、鳥の形をしていることからこう呼ばれ、富士吉田市や河口湖町の人たちは昔から農鳥の現れる時期によってその年の天候や吉凶を占った。
かつて1月中に現れると凶作になると言われた。現在ではこの地方の春を告げる風物詩となっている。

富士山五合目駐車場
http://www.fujigoko.tv/drive/subaru/index.html

アナウンス

Click→詳細情報

富士山登山道、富士吉田・河口湖口の起点
富士スバルライン終点。多くのお土産物店や食事所が建ち並ぶ。小御嶽神社あり。

旧角田医院建物
http://www.fujigoko.tv/viwp/kakuta/index.html

アナウンス

Click→詳細情報

富士吉田西裏にある立派な建築物。贅を尽くした構造物は一見の価値あり。
1928年(昭和3年)に建築され、当時甲斐絹の織物の町として栄えた富士吉田市で接待をする高級料亭として使用されていた。1943年に廃業し、その後1945年から現在の施主の祖父が初代院長として角田医院(1986年移転)を開業し、地元の診療を行う場となった。

外観は神社仏閣のような造りであり、雨戸などにも彫刻が施され、通りから覗ける部分だけでもその姿は異彩を放つ。延べ床面積340平方メートル、二階部分は料亭当時の雰囲気を残しており、障子や襖の寄せ木細工風の松風菱などの細工に目が奪われる。天井は漆塗りの二重格天井で古い照明が下がっている。また、立派なイチイの木の床柱があり、正面には山梨中央銀行(当時第十国立銀行)から送られた中村不折の大きな書が目を引く。部屋の反対側には忠臣蔵の一場面、撞木町で遊びほうける大石内蔵助のシーンが再現された彫刻がある。

一階部分は診療所と使われていたが、大きなケヤキの一枚板を使用した玄関は往年の風情を忍ばせる。また玄関入り口の鯉をあしらった彫刻など立体的な造形は心奪われるほど見事。ちなみにライオン宰相として有名な濱口雄幸首相がその場で書いたといわれる書もある。

とにかく、芸術文化に乏しい富士吉田の中でも異彩を放つ物件であることに間違いはない。

都留市植物工場
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=15480

アナウンス

Click→詳細情報

植物工場展示施設を設置する市役所西側倉庫は、山梨県森林整備加速化・林業再生事業の補助を受け、改修工事を行い、2月上旬に完成。
レタスの栽培
 植物栽培設備では、種を植え、省エネルギーなHEFL蛍光灯の光を当てることで育ってきます。水耕栽培であり、根は溶液に浸っています。養液タンクから循環ポンプにて水が循環します。植物栽培設備では約20毛作が可能となります(レタス等は約40日で収穫可能)。
レタスの栽培
 都留市植物栽培施設のレタスは、フリルアイス、アイスプラント、ハンサムレッド、グリーンウェーブ、ロメインレタス、フリンジ―レッドの6種類を栽培しています。写真は試食会でも提供したフリルアイスです。

葉ワサビの栽培
 葉ワサビの栽培装置で、専用装置で栽培されています。
 葉ワサビは水耕栽培ではなく土耕栽培で、培土は椰子殻培土を使用するため殺菌することにより再利用が可能となっています。
 葉ワサビでは、通常1年のところ、植物栽培設備では約3か月で、季節を問わず収穫できます。

留守が岩
http://www.fujigoko.tv/furusato/mukashi/act14.html

アナウンス

Click→詳細情報

河口湖の大石地区にある留守が岩と勝山地区にある黒岩との間の男女の悲恋。
紅葉と富士山の風景など河口湖と富士山を望む名所のひとつ。
また男女の悲恋民話の言い伝えも残る。

うの島
http://www.fujigoko.tv/furusato/mukashi/act10.html

アナウンス

Click→詳細情報

河口湖にある富士五湖唯一の島。鵜ノ島。
縄文式土器や弥生式土器が出土されていて極めて重要な遺跡でも有名。また、戦国時代には武田の捕虜収容所であったと妙法時記に記載されている。

家中川小水力市民発電所
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=2681

アナウンス

Click→詳細情報

家中川(かちゅうがわ)小水力市民発電所「元気くん1号」「元気くん2号」

経緯
 化石燃料の大量消費により引き起こされる地球規模の環境問題に対応するため、本市では、目指すべき地域社会像のひとつに「持続可能な定常社会」を掲げ、「人・まち・自然にやさしいグリーンアクションつる」に取り組んでいます。平成11年4月に、「都留市環境保全行動計画」、平成13年3月に「都留市地球温暖化対策実行計画」、さらに平成15年2月には、「都留市地域新エネルギービジョン」を策定し、これらに基づき、電気使用量の削減や低公害車の導入などによるエネルギー使用量の削減や、リサイクル製品の購入等グリーン購入の促進に努めてまいりました。平成16年4月29日の都留市制50周年を記念して、水のまち都留市のシンボルとして、また、本市において利用可能なエネルギーの中で、最も期待される小水力発電の普及・啓発を図ることを目的に、市役所を供給先とする下掛け水車方式による小水力発電所を市民参加型で実施することといたしました。
内容
 市役所庁舎前を流れる家中川(かちゅうがわ)に、最大で20kwの発電能力を有する直径6mの木製下掛け水車を設置するもので、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の水力発電施設の設置に係わる新技術の導入事業(自治体として全国初)として実施しました。
 発電した電気は、常時は市役所の電力として、また、夜間や土・日等の市役所が軽負荷の時は、電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)により売電を行い、庁舎使用の電気料と、地球環境への貢献を目指しています。
 また、平成21年度からは、この発電所で発電した電力に付加する「環境価値」を「グリーン電力証書」として販売することとしており、低炭素社会の実現に向けた積極的な取り組みを進めています。
1 固定レーキと可動スクリーン、並びに、逆洗浄が一体となった新除塵装置と、PMG(永久磁石式発電機)とパワーコンディショナー(半導体電力変換装置)を組み合わせ、水量の変化にも対応できる可変速下掛け水車発電システムとして、都留市発の新技術「新型除塵装置付き可変速大型下掛け水車発電システム」を導入。
2 発電用として国内屈指となる直径6m、幅2m、回転数毎分約4.3回転の木製下掛け水車(ドイツ製)を設置。
3 発電能力は、最大で20kwで、市役所内の自家用電力として使用するほか夜間及び休日には売電して発電電力を有効利用。

わかさぎ釣
http://www.fujigoko.tv/fishing/fishing.cgi

アナウンス

Click→詳細情報

一時期、ブラックバスの影響でわかさぎが減少したと言われていたが、地元の努力で湖にわかさぎが戻ってきた。
冬の釣と言えばワカサギ釣り。2月の中旬以降、山中湖では氷の具合によって穴釣りが楽しめる。山中湖・河口湖とも好調な人なら200〜300匹の釣果が上がる。

山梨リニア実験線(見学センター)
http://www.linear-chuo-exp-cpf.gr.jp/

博物館 体験 アナウンス

Click→詳細情報

リニアモーターカーの実験路線や展示物が設置。
模擬車両で、擬似的にリニア車内を体験。また、実験線をはさんで向かい側には展望広場があり、ここからリニアの走行風景が見える。

Top

ホーム /Web検索 / 検索結果

Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.