富士五湖TV 山下白雨(冨嶽三十六景)
葛飾北斎の富士山
by Fujigoko.TV
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 山下白雨(冨嶽三十六景)の視点 / 過去の間違えた考察
ご注意!
本ページは過去の自身の間違えた検証の記事を掲載してあります
最新の検証結果はこちらです
 
本ページは如何に検証が難しく誤りやすいのか自戒を込めた意味であえて削除してありません
特に誤った想定を基に視点を考察するといかようにも意味を与えられるということを示しています
(自分自身が恣意的にならないよう時々読み直しています)
 
山下白雨 冨嶽三十六景(1831〜1833)より
 富士山を描いた葛飾北斎の冨嶽三十六景の中で「凱風快晴」と同様にどこで描いたか意見が分かれる作品です。ちなみに「凱風快晴」が赤富士と呼ばれるのに対し、「山下白雨」は黒富士と呼ばれています。
一般的な解釈として山頂の形状から御坂山塊、三ツ峠〜新道峠の間のどこかだろうと言われてきました。このように山頂に大きな特徴があるにもかかわらず、実際の風景とピッタリ一致した場所の特定が未だにできていません。

 私も地元の目線から簡単にこの画の場所の特定ができると思っていたのですが、予想に反して想定以上に苦労しました。ここで言う地元の目線とは、山頂の 形、稜線の形、季節・心象風景、残雪の形を指すのですが、「山下白雨」の場所を一か所を特定すると別の形状が合わないという現象の繰り返しでした。

以下に具体的な地元目線の検証項目を一点ずつ見ていきましょう。

  まず山頂の形から想定される場所は、御坂山塊から見る富士山、忍野から見る富士山、富士宮から見る富士山がイメージに近く、ちょっとした富士山通の人でも絞り込める範囲です。
この中で最も可能性が最も高いのは、富士山を北〜北北東の間で見た御坂山塊から見た場合の山頂です。地元の人は山頂が三つに割れていたら河口湖から見る富士山と認識しています。ここでは順当にこの画の持つ視点の高さ感から黒岳が有力候補です。

 次に稜線の形ですが、実際に何回か富士山を目で見た人にしか違いは分からないと思います。まず簡単なことから詰めると、富士山の稜線に特徴が出る出っ張 り、つまり「宝永火口が見えるか」、「小御岳が見えるか」なのですが、もし見えるようなら北東から南西のライン上に近い場所から富士山を見ていることにな ります。具体的な地名ですと山中湖と富士宮を結ぶのライン上の近居場所からの見え方ということになります。
もう一つの判断基準の特徴は「向かって左右どちらの稜線の角度がきついか」という判断です。例えば三ツ峠山方向から見る富士山の稜線の角度は均等で左右対 称に近く、そこから御坂山塊を西に行くほど富士山の稜線は右肩下がりになっていきます。このように地元の人は富士山がどちらに傾いているか経験的に知って います。
よって富士山に詳しい人ならこの「山下白雨」を見たとき「山頂の形が実際と少々違うけれど三ツ峠付近じゃないの?」となることでしょう(黒岳だと富士山は右に傾いているため山頂形状の違いは誤差範囲と捉えるため)。

 季節・心象風景については実際に住んでみて感じる雰囲気になりますが、例えば「富士山北麓で低い雷が落ちるのはどのへんに多いか(北西の麓)」とか「雲 が出たとき富士山の稜線をどのように隠すか」とか「晴れの富士山を見ることのできる確率の高い場所は河口湖近辺だね」などがそうです。
もしこの画を三ツ峠付近から見たと仮定すると、北麓地域で雷が良く発生する場所は上昇気流の発生しやすい通称「二合目別荘付近」となり、地元の人なら違和感を持ちません。

 最後の残雪の形は実際に長年住んでみないと分かりません。雪の多い年、雪の少ない年、例年と今年の違いなどがそうで、季節・心象風景でも同じことが言え ますが「実際に長年暮らしていなければ北斎の画から受ける正確な実像は理解できない」と思います。何故なら北斎の画が正確なスケッチで構成されていると仮 定すると、残雪の形状等を正確に記憶の中に留めておかなければなりません。つまりここでは北斎のスケッチ力の正確性を前提にしています。
 そして、ライブカメラを富士山に360度仕掛けて長年観察をし続けている私が判断するに、この残雪の形状は5月以降に忍野村から河口湖までの範囲で見られる例年通りの雪の形です。「山下白雨」に描かれている中央部の残雪の枝分かれの形状がそれです。

 このように、以上4点の検証項目を経てもこの「山下白雨」は迷宮入りしてしまいます。山頂の形と稜線の形のみで検証している人なら、その対象範囲が富士山 全周に及ぶので、なおさら迷宮入してしまうことでしょう。つまり、実際にこのように見える場所は幾つもあるし、どこにも無いというジレンマが付きまといま す。

しかし、すべてのベクトルは三ツ峠からの視点を指している?


 4点の検証を経て「この画は総合的に三ツ峠からの視点」なのに、「何故三ツ峠ではだめなのか?山下白雨のどこに違和感を持つのか?」という問題を検証したいと思います。前提として、三ツ峠以外から見た他地域の可能性については紙面の都合から省くことにします。つまり、ここでは山頂の形状やら稜線の形状に ついての考察はすでに終えたものとして、経験上ストックされたライブカメラの画像から「山下白雨」の残雪に近い2枚の画像を公開し検証を始めたいと思いま す。

河口湖逆さ富士(5月30日)

三ツ峠(6月14日)

まず、画像に残されている残雪形状を拡大し「山下白雨」と検証してみます。

逆さ富士(縦方向へ2倍)

山下白雨

三ツ峠(縦方向へ2倍)

河口湖逆さ富士の残雪Aは「山下白雨」のAの角度と良く一致しますが、Bの残雪の角度が一致しません。一方、三ツ峠の残雪Aは「山下白雨」のAの角度と一 致しませんが、Bの残雪の角度と良く一致します。また、河口湖逆さ富士と三ツ峠の両方とも富士山の稜線は「どこかを一致させると他のどこかが微妙に狂う」 という現象が生じます。これが「山下白雨」の場所の特定で意見が分かれる要因となってい流と思います。

 次に「残雪のみに特化した」一致方法を以下に示してみます。
ひとまず富士山の稜線の一致には触れずに残雪のみ一致するように三ツ峠から見た富士山画像を調整してみます。すると三ツ峠の画像を時計回りに10度傾けると「山下白雨」の残雪とほど一致することが分かります。
 
三ツ峠の富士山を10度傾ける


ところが、富士山の稜線は当然のことながら全く一致しません。この矛盾を修正するには画像に歪みを施した変形をするしかありません。以下に三ツ峠から見たライブ画像に歪み補正を加え、富士山の稜線を一致させた画像を挙げておきます。
ここで画像の変形を試みたところで誤りに気が付くべきだった

 いかがでしょうか?右側の稜線は北斎の描いた富士山の右稜線の凹凸までも一致しました。そして何より、「A」部の山並みが立ち 上がり、左の稜線がなんとなく画の一部になっています。どのような変換を施したかの検証は後ほど記述することとして、ここで一つ問題が生じました。それはどのよう な変換をしても「B」部分の残雪の位置に狂いが生じ細かい部分で修正されなかったことです。かなり時間を要して修正を施しましたが上図左側の例が一番それらしく見える変換でした。
 ちなみに、右図の左下「A」に見える山並みは愛鷹山なのですが、北斎の画に見る左側の大きな二つの山容と良く一致しています。ところが、この画にある山並みは現実の富士山と一致する場所が見当たらず、この画の視点がどこなのかの議論を呼ぶきっかけの一つになっています。従って、「左下の山並みはどこなのか?」の検証はひとまず後回しにし、残雪の検証から入りました。

 残雪優先で変換を終えた「山下白雨」を再び見てみます。すると左下の山並みはスケッチした元の画を左から俯瞰して見ると「山下白雨」のように見えることに気が付きます。

つまり、左図のようなことですね。

こうなると、左下の山並みが北斎の画のように盛り上がって見える変換はどのようになるか興味が出てきます。そしてその変換を終えたときに「山下白雨」と全てが一致すると完全解明となるわけですが実際はそのように簡単なことではありませんでした。

変換方法として、「山下白雨」に見える左下の山並みの高さと三ツ峠から実際に見える山並みの高さの比率を算出した後に富士山の山頂位置の横方向を一致させてみます。すると「とんでもなく歪な(本当にとんでもなく)変換」を施さなければ「山下白雨」の山並みのようにはなりませんでした。江戸時代に存在したであろう「パンタグ ラフ(拡大器)」を使用して描くことは不可能と思えるほどです。ちなみにパンタグラフを用いると縦横の比率を変えた絵も描けます。

北斎の画に近づくためには以下のような感じに変換する必要があります。
焦点があまりに遠すぎて現実感がなく正解と思えません。
全然わからないと思いますが、右端の極々一部分が「山下白雨」全体になります。

だとすると、もしかすると北斎は元画を左から寝そべって描いたのか?

 一つの過程として北斎は本当に寝そべって描いたのかもしれません。しかし、先の検証で富士山右の稜線の凹凸まで一致させた事実を無視するわけにいきません。たとえ寝そべって右稜線を描いたとしても、あそこまで正確に一致させて手書きできると思えません。
 次は一枚の画を左右で切り分けて違う比率に変換した後に合成させたケースです。このケースについて元スケッチを合成させた場合の検証も行ってみました。しかし「やはり、北斎はそんな面倒なことはしない」と思えたのです。

 以上の考察から北斎は左下の山並みを特殊な変換によって描いたのではないと結論を出します。実はこの考察に膨大な時間をかけ「左下の山並みはどこ?」というジレンマにどっぷり漬かってしまいました。

参考までに三ツ峠から見た実際の画像を
超俯瞰で変換し「山下白雨」のイメージに近くした考察画像です

左の愛鷹山を優先させた結果、左上からの俯瞰が激しすぎて歪み
まともな解像度が得られなかったが、これでも構図が不可能ではないことを示せている。
しかし変換方法は前述した通り、細長い紐のようになってしまうので現実的ではないと思われる。


 ここで再び三ツ峠から見た富士山を変換して「山下白雨」の富士山と右の稜線を一致させた画を見てみます。前述したように残雪の位置関係が崩れました。またもっと注意してみると山頂の位置が若干ずれています。

しかし、残雪の形状から三ツ峠付近から見た富士山に間違いはなく、右の稜線もよく一致しています。以上の事実を念頭におき、もう一度初心に帰り残雪の沢(富士山で雪が残りやすい地形)をカシミールで詳細に検証してみたいと思います。

「山下白雨」と三ツ峠から見たカシミールによる富士山の合成(図A)

 基準となる画像を得るために「山下白雨」に最も近い残雪が残った三ツ峠富士山ライブカメラ画像と同一地点から見たカシミールの画像を合成させます。そして、どの沢にどの残雪が残っているか精緻に調べます。
結果、以下の図でも分かる通り細かい部分の残雪もどの沢に乗っているか良くわかります。


実際の三ツ峠の画像と同一地点のカシミール合成

 どの沢にどのように残雪が乗っているか、しっかり頭に叩き込んだら、もう一度「図A」を見ながら細部を検証してみます。
 
すると、三ツ峠の残雪と沢の関係から本来あるべき「A」の残雪が「A'」の位置に来ていることが分かります。
つまり、これがズレです。
 

次にズレを山頂から見て検証すると、そのズレ幅は約5〜6度(23-18)であることが分かります。
富士山山頂と三ツ峠の距離は約22Kmありますから、三ツ峠付近でのズレは、tan(5〜6)度×22Km=1.9Km〜2.3Kmで、三ツ峠から河口湖側に約2Km移動した付近で一致すると分かります。
 以上の結果を受けて三ツ峠から2Km河口湖に寄った点と富士山頂のラインをGooglEarthで生成して、およその見当を付けてみました。
 
 この中で富士山が良く見える場所は「清八山」、「山下白雨(西川林道)」、「天下茶屋上(新御坂峠)」、「河口湖逆さ富士ライブカメラ裏山」、「「河口湖天上山」となりますが、「北 斎はわざわざ風光明媚な場所で富士山を描かず道中で描く」という法則と高度感から描いた場所を特定したいと思います。

その視点は上図の「山下白雨(西川林道)」とその周辺(新御坂峠)です。


 西川林道とは現在の三ツ峠入り口から河口湖東にある山並みを経て河口湖天上山に至る林道で、普段はゲートが閉じられています。西川林道から河口に降る分岐付近には特に名前がないので、ここでは「山下白雨」点と名付けます。
 新御坂峠とは、現在の「天下茶屋」がある直上の御坂峠付近で、江戸時代の御坂峠と区別するために「新」が付いています。昭和以前の御坂峠は現在の国道137号直上の峠で「旧御坂峠」と呼びます。

  ここで情報を加えておきます。それは北斎の「富嶽百景」と「北斎漫画」の中に都留市(竹林猛虎図)から大幡(甲州牛石)・大幡山中(甲州大畑山)のスケッ チが見受けられます。江戸時代当時、江戸から富士山に行くルートに富士講の道(都留市〜富士吉田市)がありますが、古くは都留市から大幡を経て清八峠に至 り、この峠から甲府方面、河口湖方面へと分岐していました。つまり、清八峠は古道の交差点にあたり、現在なら三ツ峠登山に向かうのでしょうが江戸時代にそ の必然性はありません。ちなみに「山下白雨」から古道を河口湖方面に下ると河口浅間神社裏に出ます。

 北斎は日蓮と関係が深く、この後に日蓮所縁の河口浅間神社前の「本庄家」、河口から船に乗って勝山で「甲州三坂水面」のスケッチ後、小立の「妙法寺」を経て再び船で途中の船津(無題 針葉樹の富士)でスケッチを描いたと私は考えています。勝山も船津も同じ船上からの富士の構図となっています(別項で触れます)。

そしてさらに同じ旅の道中か別の旅か不明ですが、河口から霜山経由で上暮地の「遠山家」、明見(阿須見村の不二)でスケッチしてから鳥居地峠を経て忍野(甲斐の不二 濃男)でまたスケッチを行い山中を経て三国・籠坂峠(甲州三嶌越)越えをしたとも考えています。こちらはいわゆる「日蓮の池上への道」と呼ばれている行程です(別項で触れます)。

 以上は実際に証拠が残っていないので私の単なる想像ですが、北斎の描いた富士山を丹念に追っていけば何らかの答えが出ると思っていますので今後の課題といたします。
徒歩の頃の古地図
1896年(明29年)国土地理院

 上の古地図で江戸時代に「新御坂峠」から天下茶屋を経て河口宿に至る古道が一般的だったという記録はありません。当時の「(旧)御坂峠」は現在の甲府から河口宿に至る場合に超える峠で、鎌倉往還または御坂路と呼ばれ、峠付近には石垣等の施設がありました。従って、普通に「御坂峠」と言えば「旧御坂峠」のことを指します。ところが、例えば歌川広重の「御坂峠」の画も江戸時代の案内書に記されている御坂峠も「旧御坂峠」からの構図になっていません。
一方、「新御坂峠」とは昭和初期に車道のルートになった新道の御坂越えを指し、現在も峠のトンネル付近で天下茶屋という茶屋が営業をしています。それと区別するために昭和以前の鎌倉往還(御坂路)の御坂峠を便宜上「旧御坂峠」と呼びます。

 想像するに、江戸方面から河口湖にやってくる場合の「御坂峠」とは「清八峠」を経ての通称御坂越えを指していると思われます。行程は清八峠を抜け、西川林道の「山下白雨」点から河口宿に降りていく古道が一般的で、歌川広重の「甲斐御坂越」の視点は「旧御坂峠」ではなく、現西川林道の「山下白雨」点〜河口浅間神社へ降りていく途中の視点であると思います。

 歌川広重の「甲斐御坂越」の視点については別頁で考察するとして、北斎の「山下白雨」の視点も江戸から通称御坂越えを行っている最中の視点であると思われます。つまり、清八峠を越えて現在の西川林道の「山下白雨」点を河口浅間神社方面に降りていく途中であろうと思います。

ただし、北斎が清八峠から「新御坂峠」を経て尾根沿いを「旧御坂峠」に歩き、そこから河口宿に降ったことも否定できないので、計算上の視点範囲に入る現在の「新御坂峠」の尾根筋付近までを「山下白雨」の視点としておきます。

「西川林道〜新御坂峠」の周辺
この範囲内の富士眺望地が視点


GoogleEarthとカシミールによる西川林道の考察過程


 残雪の形状に全幅の信頼を置き、計算で得られた特定場所が分かれば、山体シミュレーションのカシミールで富士山を描いた視点から見た富士山の形状を得ます。そして稜線の形状を今回得られた数々の経験から適切に歪めていき、画像変換していけば「山下白雨」の画が得られるはずです。
実際の作業で富士山右の稜線は比較的簡単に形状が掴めました。しかし、左の稜線はなかなか一致せず苦労しましたが、後述する見解で一致点を見出すことに成功しました。その結果、当初と方向性は違いますが、予想通り北斎は富士山のスケッチを歪めて「山下白雨」を描いており、富士山の高度感を出すことに成功し ています。

 改めて検証過程を振り返ると、河口湖逆さ富士ライブカメラのほぼ延長線上に視点があったわけで、当初検証した残雪の検証角度の24度が巡り巡って実は正解でしたし、三ツ峠の検証中に画像の歪みに気が付いたことが今回の大きなポイントでした。

カシミール合成

元画の変換(左上から俯瞰した逆変換になる)


 さて、ここまで考察をしてきましたが、「あれ、西川林道からの視点だとすると左の山並みはどうなっているの?」という疑問が生じると思います。さらに詳細を見てみると山頂右側と残雪の一本が「山下白雨」と違っています。

「A」の山頂の違いは見れば一目瞭然ですが、「B」の残雪について説明しますと、実際の富士山には「B」部分に深い沢があり、夏が近づいても残雪が消えることは あまりありません。従って、当時の北斎が見た富士山にも「B」の部分に残雪があったはずですが、「山下白雨」の富士山にはこの残雪がありません。

 まず「A」の山頂の扱いですが「凱風快晴」でも記述しましたが、北斎は元画を変換した後に別の山頂を描きたすことを行います。この場合は河口湖から見た山頂の形を描き足していると見るのが妥当だと思います。もしかすると北斎が見た日は富士山の山頂に雲がかかっていたのかもしれませんね。

次 に「B」の残雪ですが、この沢にできる残雪は富士山の中でも調和を乱す角度で形が現れ、「山下白雨」のようなシンメトリーを乱します。ですから北斎はこの 残雪の角度を変えて描いたと判断しても良いと思います。それ以外の残雪についてはピッタリと沢の形状と一致しています。


最後に最も議論を呼びそうな「C」の部分についてですが、検証画像を注意して見ると「山下白雨」左下の富士山の稜線がカシミールの裾野の境界線と良く一致していることが確認できると思います。ここには現在、陸上自衛隊の北富士演習場となっており、山梨県と静岡県との県境にある山並みと深い沢で区切られた小高い 丘の一角を形成しています。

 以上のことから一つの仮説ですが、北斎は実際に雷雨をこの日見ており、富士山の左下部の稜線に雲が低く流れ込んでいたため「山下白雨」のように雲の切れ間に山並みを感じたのかもしれません。
「B」と「C」の考察に疑問が生じているのに自説を正当化している部分が悲しい…
 
カシミールによる左下山並みの考察過程

 北斎は「山下白雨」を描くにあたり元画を左斜め上から見たように変換してこの画を完成させました。その効果のためか「山下白雨」の富士山は高度感を得て、その右下に雷を配置することによって更に高度感を演出しています。もしかすると左下の山並みも俯瞰してみた富士山を演出するために実際の山並みを上から見たこと を想定して描き入れたのかもしれません。この部分は想像に頼るしかありませんが、私はこの説を採用したいと思います。

 最後に「山下白雨」の構図ですが、単純な対角線と1/3点のシンプルな構図となっています。富士山は縦方向に引き伸ばされ俯瞰して描かれています。初夏 手前の残雪を「1」方向に楽しみ、右下「2」の雷に視線を止められ「山下白雨」のタイトルから富士山の高度感を堪能します。そして左下の山並みがいっそう 富士山の高度感を演出することに役立っています。
ちなみに「山下白雨」の雷の下は富士山二合目別荘地付近で現在でも雷多発地帯なことも符合しています。
都合の良い事実を持ってくる点は反省点でもある
 

 今回の検証で今まで謎だった「山下白雨」の視点をほぼ正確に特定できたと思っています。従来の仮説では三ツ峠か富士宮からの視点が有力でした。しかし、 ライブカメラの画像を検証することにより残雪の形状から三ツ峠周辺に絞られ、更にほぼ正確な場所を得られました。

 とは言え、実際の富士山と今回検証した「山下白雨」の構図とでは相違点も多く、自信をもって「この視点です」と言い切れません。ここまで読み進めた方は「え?」となるかもしれませんが、今回の検証はあくまで候補の一つであるとご留意頂くこととして、現在もう一つの候補を検証中ですのでしばらくお待ちください。

ここで自説に自信が無くなっている
ある意味良い傾向

「新御坂峠(天下茶屋上)」手前付近から

 「山下白雨」の夕立は葛飾北斎の富岳百景「夕立の不二」にも描かれています。この風景がどこなのか特定はしていませんが、心象風景として山梨県富士川町の徳栄山妙法寺か静岡県富士宮市興徳寺が近いという印象です。徳栄山妙法寺から富士山はこのように見えませんが北斎の「甲州石班澤」の舞台でもありますし、興徳寺は北斎が身延に立ち寄って富士宮の大石寺へ向かう途中(身延も大石寺も画を残している)で桜峠を越え興徳寺で描いたとも考えられます。

 実を言いますと「山下白雨」は興徳寺付近で描いたかもしれないと最近密かに考えております。そうなると「夕立の不二」と「山下白雨」は関連性が出てくるのですが、証拠となる検証画像が手元にありません。こちらの考察は別頁でもう一度行いたいと思います。

「夕立の不二」
このように時間をかけて幾つかの失敗の末に
現在は真実にたどり着いたのかもしれない
もう一度繰り返しますが
本ページは過去の自身の
間違えた検証の記事を掲載してあります
最新の検証結果はこちらです
 
愛鷹山の変換過程

縦方向2倍画像(桜峠)

愛鷹山を切り取る

ちょっと無理がありますか…

合成図
 上記はあくまで「可能性の一つ」であり、世間にあまたある各説の一つに過ぎません。つまり決定的な説ではないのです。

左下の解釈、やはり間違っていました…

私が欲しいのは決定的な証拠であり、「凱風快晴」のように200年の謎を解き今後の定説にしなければなりません。そして現地調査の結果、左下の山並みの謎がついに解けました。実際の視点は桜峠の南尾根筋となり、ここで位置を若干修正いたします。
その検証結果、
この画には結構大きな仕掛けがありました。
最新の検証結果はこちらです
 
「富士宮市桜峠」の周辺
この範囲内の富士眺望地が視点



明治の古地図(1898年)
赤色は現在の道路
 主に(双体)道祖神を探すことを趣味にしている私は、その助力として古地図から当時の道筋を探して道祖神の位置を推測しています。そんなある日、富士宮市大石寺から古道をたどり柚野までやってきて道祖神並びに富士山の写真を撮影しているときに「ここから見る富士山が山下白雨に近い」と感じました。その時の私は冒頭で記述した通り「山下白雨」の位置を三ツ峠周辺と断定していましたので「似ているな」というレベルでしたが、何回か通い春先の残雪を観察するに至り、核心めいた心象を得たのです。思えば三ツ峠周辺の「山下白雨」の証明には画像変換が必要でしたが柚野地域から見る富士山にはその形容そのものがそのまま「山下白雨」と一致するわけで、素直な気持ちで検証作業に入ることができました。
 さて富士宮市柚野周辺について、現在では必ずしもメジャーな場所では無いかもしれませんが、春の桜、初夏の田園風景はとても美しい場所です。また、北斎や広重も影響を受けたと言われている河村岷雪の「百富士」にも描かれている富士川は当時の主な水路で鰍沢〜稲子〜芝川〜岩淵は交通の要所でした。北斎も船を使用して日蓮や河村岷雪を偲んで富士川を往来しました。そして柚野から更に山間部を北に向かうと大石寺があり、北斎もその道中を描いています。
河村岷雪「百富士(1776年)」より
北斎はこの画集を参考に旅や構図を考えたと言われています

稲子

芝川
 しかし、今まで「山下白雨」が柚野(桜峠)周辺に注目されなかった理由は、柚野周辺の地形に高度感が無い、「山下白雨」左にある山並みが無い等の理由がありましたが、残雪の形状と富士山の沢の関係から見てもこの地域周辺であることは間違いありません。
北斎の画の特定にライブカメラが役に立ったことは概出ですが、富士五湖TVではこの方面から見た富士山の画像ストックが無く特定の判断に支障が出ました。何故なら年間を通した残雪の形状が北斎の画と一致する期間は2〜3日しかなく、しかも晴れていなければ検証のしようがありません。これは他の北斎の画で経験済みです。従いまして「山下白雨」の検証作業は紆余曲折がありました。
 北斎は日蓮宗に帰依しているため甲府〜身延〜富士宮の道中を辿ったと考えられ、当然桜峠を越えて大石寺に至ったことも他の北斎の画から推測できます。そして、その道中で「山下白雨」を描いたと推測でき柚野周辺なら同じ日蓮宗の興徳寺近辺が一番条件に合うような気がします。何故なら他の画でも触れた通り、北斎は日蓮ゆかりの寺付近でスケッチをしたと思われる画が多く残されているからです(石和遠妙寺、鰍沢妙法寺、河口湖妙本寺・妙法寺、富士宮大石寺など)。
 それでは実際に桜峠興徳寺上近辺から見た富士山で考察を始めてみたいと思います。以下に山頂付近の形状と沢(残雪)に注目した画像を掲載します。
山下白雨 カシミール 画像
 いかがでしょうか?見事なまでに山容が一致していることが確認できると思います。特に右中央部の宝永山の出っ張りを確認してください。この尖がっている部分は桜峠付近から北に行くと見えなくなり、大石寺の付近が限界です。従って「桜峠付近〜大石寺に至る高所」から見た画と解釈できますが大沢崩れと残雪の位置関係から「より桜峠付近」と断定できます。また、桜峠付近の細部に至る特定ですが、以下に考察する「山下白雨」の左下に見える山並みから興徳寺上〜桜峠付近が条件に一致すると思われます。
実際に桜峠付近の古地図には尾根越の道がいくつか存在し、北斎が富士川下流からこの尾根を越える場合にはより南の道を辿るのが自然だと思われます。一方、富士川下流から柚野への道程が尾根越えを選ばないケースもあります。その場合は柚野付近で逗留して桜峠に上がってスケッチしたかもしれません。私の個人的な現地心象は現在の興徳寺上の高台からスケッチしたと思っています。
 次に「山下白雨」にある左下の山並みですが、実際に桜峠から富士山を見ると右裾野方角に愛鷹山が見えます。この愛鷹山の山並みは富士山そのものから遠く離れているように見えますが、なんとなく「山下白雨」の山並みと符合するような気がします。過去にも「山下白雨」の山並みを検証する際、「御坂山塊ではないか?」とか「愛鷹山ではないか?」とか「天子山系ではないか?」などの議論が繰り返されてきましたがどれも的を射た解釈にならなかったと思います。何故なら実際に「山下白雨」のように見える場所は存在せず、私も過去に画像の歪みを利用すれば解決すると誤った推理を展開しました。そこで今回の桜峠から見た愛鷹山ですが、「シンプルに山並みの一部を反転し、回転させて配置すれば山容が一致する」ことを確認しました。
ちなみに愛鷹山の山並みは現在の興徳寺からでは手前の山が邪魔をして見えませんが、興徳寺を少し上った場所からだんだん見え始めます。このとき最初に見える山並みはちょうど北斎の画の山並みの部分から見えてくることには本説に妙な説得感も与えます。
愛鷹山の変換過程?
(2016年の考察)

ちょっと無理がありますか…
 上記はあくまで「可能性の一つ」であり、世間にあまたある各説の一つに過ぎません。つまり決定的な説ではないのです。

私が欲しいのは決定的な証拠であり、「凱風快晴」のように200年の謎を解き今後の定説にしなければなりません。そして現地調査の結果、左下の山並みの謎がついに解けました。実際の視点は桜峠の南尾根筋となり、ここで位置を若干修正いたします。
その検証結果、
この画には結構大きな仕掛けがありました。
その記事は諸事情により現在HP上では公表しませんが
後日掲載いたします。
山下白雨検証結果
 
 最後に「山下白雨」の構図ですが、単純な対角線と1/3点のシンプルな構図となっています。富士山は縦方向に引き伸ばされ俯瞰して描かれています。初夏 手前の残雪を「1」方向に楽しみ、左下「2」の山並みで目を止め高度感を感じたら、右下「3」の雷に視線を奪われ、「山下白雨」のタイトル「4」から富士山の高度感と自然の畏怖を堪能します。
 参考として「山下白雨」の元画と思われる北斎の作品を掲載します。これは葛飾北斎の富岳百景「夕立の不二」に描かれており、この風景がどこなのか特定はしていません。私個人の現在の心象風景として山梨県富士川町の徳栄山妙法寺か静岡県富士宮市興徳寺が近いという印象です。徳栄山妙法寺から富士山はこのように見えませんが北斎の「甲州石班澤」の舞台でもありますし、興徳寺は北斎が身延に立ち寄って富士宮の大石寺へ向かう途中(身延も大石寺も画を残している)で桜峠を越え興徳寺で描いたとも考えられます。
 しかし、以上は現在の心象であって北斎の時代は「西山本門寺」あたりが候補として適切かもしれません。

「夕立の不二」(場所不明)

興徳寺(柚野)


絵・写真・動画・文:久保覚(富士五湖TV)
資料:国立図書館・国土地理院・wikipedia
使用ソフト:カシミール・GoogleEarth
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 山下白雨(冨嶽三十六景)の視点 / 過去の間違えた考察
 
Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.