富士五湖TV 山下白雨(冨嶽三十六景)
葛飾北斎の富士山
by Fujigoko.TV
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 山下白雨(冨嶽三十六景)の視点
山下白雨 冨嶽三十六景(1831〜1833)より
 富士山を描いた葛飾北斎の冨嶽三十六景の中で「凱風快晴」と同様にどこで描いたか意見が分かれる作品です。ちなみに「凱風快晴」が赤富士と呼ばれるのに対し、「山下白雨」は黒富士と呼ばれています。
一般的な解釈として山頂の形状から御坂山塊、三ツ峠〜新道峠の間のどこかだろうと言われてきました。このように山頂に大きな特徴があるにもかかわらず、実際の風景とピッタリ一致した場所の特定が未だにできていません。

 私も地元の目線から簡単にこの画の場所の特定ができると思っていたのですが、予想に反して想定以上に苦労しました。ここで言う地元の目線とは、山頂の 形、稜線の形、季節・心象風景、残雪の形を指すのですが、「山下白雨」の場所を一か所を特定すると別の形状が合わないという現象の繰り返しでした。

  その結果、山頂の形状・地元愛から三ツ峠周辺に違いないという思い込み・北斎の構図の奇抜さの解釈から一度は三ツ峠西の山筋と断定し、更に画像変換で構図の解釈をしました。
過去の誤った解釈

西川林道展望地

元画の変換(左上から俯瞰した逆変換になる)
今では誤っていたと後悔している過去の検証の様子はこちらから。
(2015年以前の考察)

ここから本題
 さて、前置きが長くなりましたので最初にズバリ「山下白雨」の描かれた場所を特定したいと思います。その場所は「静岡県富士宮市柚野(桜峠)付近」です。
「富士宮市桜峠」の周辺
この範囲内の富士眺望地が視点



明治の古地図(1898年)
赤色は現在の道路
 主に(双体)道祖神を探すことを趣味にしている私は、その助力として古地図から当時の道筋を探して道祖神の位置を推測しています。そんなある日、富士宮市大石寺から古道をたどり柚野までやってきて道祖神並びに富士山の写真を撮影しているときに「ここから見る富士山が山下白雨に近い」と感じました。その時の私は冒頭で記述した通り「山下白雨」の位置を三ツ峠周辺と断定していましたので「似ているな」というレベルでしたが、何回か通い春先の残雪を観察するに至り、核心めいた心象を得たのです。思えば三ツ峠周辺の「山下白雨」の証明には画像変換が必要でしたが柚野地域から見る富士山にはその形容そのものがそのまま「山下白雨」と一致するわけで、素直な気持ちで検証作業に入ることができました。
 さて富士宮市柚野周辺について、現在では必ずしもメジャーな場所では無いかもしれませんが、春の桜、初夏の田園風景はとても美しい場所です。また、北斎や広重も影響を受けたと言われている河村岷雪の「百富士」にも描かれている富士川は当時の主な水路で鰍沢〜稲子〜芝川〜岩淵は交通の要所でした。北斎も船を使用して日蓮や河村岷雪を偲んで富士川を往来しました。そして柚野から更に山間部を北に向かうと大石寺があり、北斎もその道中を描いています。
河村岷雪「百富士(1776年)」より
北斎はこの画集を参考に旅や構図を考えたと言われています

稲子

芝川
 しかし、今まで「山下白雨」が柚野(桜峠)周辺に注目されなかった理由は、柚野周辺の地形に高度感が無い、「山下白雨」左にある山並みが無い等の理由がありましたが、残雪の形状と富士山の沢の関係から見てもこの地域周辺であることは間違いありません。
北斎の画の特定にライブカメラが役に立ったことは概出ですが、富士五湖TVではこの方面から見た富士山の画像ストックが無く特定の判断に支障が出ました。何故なら年間を通した残雪の形状が北斎の画と一致する期間は2〜3日しかなく、しかも晴れていなければ検証のしようがありません。これは他の北斎の画で経験済みです。従いまして「山下白雨」の検証作業は紆余曲折がありました。
 北斎は日蓮宗に帰依しているため甲府〜身延〜富士宮の道中を辿ったと考えられ、当然桜峠を越えて大石寺に至ったことも他の北斎の画から推測できます。そして、その道中で「山下白雨」を描いたと推測でき柚野周辺なら同じ日蓮宗の興徳寺近辺が一番条件に合うような気がします。何故なら他の画でも触れた通り、北斎は日蓮ゆかりの寺付近でスケッチをしたと思われる画が多く残されているからです(石和遠妙寺、鰍沢妙法寺、河口湖妙本寺・妙法寺、富士宮大石寺など)。
 それでは実際に桜峠興徳寺上近辺から見た富士山で考察を始めてみたいと思います。以下に山頂付近の形状と沢(残雪)に注目した画像を掲載します。
山下白雨 カシミール 画像
 いかがでしょうか?見事なまでに山容が一致していることが確認できると思います。特に右中央部の宝永山の出っ張りを確認してください。この尖がっている部分は桜峠付近から北に行くと見えなくなり、大石寺の付近が限界です。従って「桜峠付近〜大石寺に至る高所」から見た画と解釈できますが大沢崩れと残雪の位置関係から「より桜峠付近」と断定できます。また、桜峠付近の細部に至る特定ですが、以下に考察する「山下白雨」の左下に見える山並みから興徳寺上〜桜峠付近が条件に一致すると思われます。
実際に桜峠付近の古地図には尾根越の道がいくつか存在し、北斎が富士川下流からこの尾根を越える場合にはより南の道を辿るのが自然だと思われます。一方、富士川下流から柚野への道程が尾根越えを選ばないケースもあります。その場合は柚野付近で逗留して桜峠に上がってスケッチしたかもしれません。私の個人的な現地心象は現在の興徳寺上の高台からスケッチしたと思っています。
 次に「山下白雨」にある左下の山並みですが、実際に桜峠から富士山を見ると右裾野方角に愛鷹山が見えます。この愛鷹山の山並みは富士山そのものから遠く離れているように見えますが、なんとなく「山下白雨」の山並みと符合するような気がします。過去にも「山下白雨」の山並みを検証する際、「御坂山塊ではないか?」とか「愛鷹山ではないか?」とか「天子山系ではないか?」などの議論が繰り返されてきましたがどれも的を射た解釈にならなかったと思います。何故なら実際に「山下白雨」のように見える場所は存在せず、私も過去に画像の歪みを利用すれば解決すると誤った推理を展開しました。そこで今回の桜峠から見た愛鷹山ですが、「シンプルに山並みの一部を反転し、回転させて配置すれば山容が一致する」ことを確認しました。
ちなみに愛鷹山の山並みは現在の興徳寺からでは手前の山が邪魔をして見えませんが、興徳寺を少し上った場所からだんだん見え始めます。このとき最初に見える山並みはちょうど北斎の画の山並みの部分から見えてくることには本説に妙な説得感も与えます。
愛鷹山の変換過程?
(2016年の考察)

ちょっと無理がありますか…
 上記はあくまで「可能性の一つ」であり、世間にあまたある各説の一つに過ぎません。つまり決定的な説ではないのです。

私が欲しいのは決定的な証拠であり、「凱風快晴」のように200年の謎を解き今後の定説にしなければなりません。そして現地調査の結果、左下の山並みの謎がついに解けました。実際の視点は桜峠の南尾根筋となり、ここで位置を若干修正いたします。
その検証結果、
この画には結構大きな仕掛けがありました。
その記事は諸事情により現在HP上では公表しませんが
後日掲載いたします。
山下白雨検証結果
 
 最後に「山下白雨」の構図ですが、単純な対角線と1/3点のシンプルな構図となっています。富士山は縦方向に引き伸ばされ俯瞰して描かれています。初夏 手前の残雪を「1」方向に楽しみ、左下「2」の山並みで目を止め高度感を感じたら、右下「3」の雷に視線を奪われ、「山下白雨」のタイトル「4」から富士山の高度感と自然の畏怖を堪能します。
 参考として「山下白雨」の元画と思われる北斎の作品を掲載します。これは葛飾北斎の富岳百景「夕立の不二」に描かれており、この風景がどこなのか特定はしていません。私個人の現在の心象風景として山梨県富士川町の徳栄山妙法寺か静岡県富士宮市興徳寺が近いという印象です。徳栄山妙法寺から富士山はこのように見えませんが北斎の「甲州石班澤」の舞台でもありますし、興徳寺は北斎が身延に立ち寄って富士宮の大石寺へ向かう途中(身延も大石寺も画を残している)で桜峠を越え興徳寺で描いたとも考えられます。
 しかし、以上は現在の心象であって北斎の時代は「西山本門寺」あたりが候補として適切かもしれません。

「夕立の不二」(場所不明)

興徳寺(柚野)



絵・写真・動画・文:久保覚(富士五湖TV)
資料:国立図書館・国土地理院・wikipedia
使用ソフト:カシミール・GoogleEarth
「山下白雨」に問合せする
ホーム / 富士山大図鑑 / 浮世絵の中の富士山 / 葛飾北斎の富士山 / 山下白雨(冨嶽三十六景)の視点
 
Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.