どんぐりカラス? 2019年1月18日21時15分
 今日初めて見た光景、ハシボソガラスがドングリをくわえていました。

 富士北麓の柿の実はほぼ無くなりましたが、まだ沿道のナナカマドの実も残っているしアマンドウ(豆柿)も残されていますが、やはり食糧難なのでしょうか、グルメ?なのか、それともおもちゃ。

 この先も春まで注視してみましょう。
今日もへんてこな富士山 2019年1月11日17時33分
 今日も朝からへんてこな富士山の雲行きです。明日は雪になるのか、ならないのか?この雲行きでは予測不能です。
この日は色々な雲が富士山にかかりました。その変化を楽しめます。
 遅くなりましたが新年のご挨拶を申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 それにしてもおかしな冬です。今日は富士山にくっきりと春の雪解けの頃の「農鳥」が。見事な鳳凰模様です!

 昨日の山梨県下一斉ガン・カモ調査では冬の水鳥は記録的減少で、河口湖全域でも500羽以下で、富士吉田の小さな小さな鐘山温水溜池の方がそれを上回る種類と数の500羽オーバーになりました。温暖化や湖畔遊歩道整備などで棲み辛くなっているのでしょうかね?

 写真は今日の鐘山温水溜池のカモたち。富士五湖のコガモのほとんどがここに集結しています。あと少しでここも埋め立てられ改修されるとか。カモたちの安住の地は果たしてどうなることやら。
4月23日(火)
会場:河口湖「富士レークホテル」1階ラウンジ
開場:12時30分 開演:13時 終演:14時30分
料金:完全予約制(ドリンクお替り自由・ケーキ付)
   予約4500円 当日5000円

Vo.紅ともこ Pf.梅里桃太郎

主催:富士五湖ドットTV
場所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津1番地
www.fujilake/co.jp

ご予約
紅ともこ 090-8929-4893
富士五湖ドットTV 園田 090-6013-0960
山梨県介護大使 2018年12月30日05時55分
今年1年山梨県の介護大使6名が介護の魅力を発信していただいて
います。ありがとうございます。
山梨県HPより☞http://www.pref.yamanashi.jp/chouju/30kaigojinzai_kakuhoteichaku.html
今年の仕事終い! 2018年12月29日11時01分
 今年もいろいろと誰も追いかけないだろう重箱の隅っこをほじる様な撮影を続けて来ました。天邪鬼な私にはこれが天職のような気がします。

 今年の最後を締めくくるのはこの2カット。狙い続けてやっとこの暮に撮れました。ドングリを食べる鹿とゴンズイを食べるカワウです。


 来年も変わらず、好奇心に任せて足元の自然の紹介に頑張りたいと思います。
 ハシビロガモがお腹を空かせて集団で警戒心を解くとと、時に1羽でも2羽でも3羽でも集団でも、クルクルと輪を描いて渦巻き行動をします。

 ハシビロガモの嘴は名前の通りにしゃもじ状なので、主に水面に浮いた餌をとりますから、みんなで回転しながら食事をすれば、その円の中心に食べ物が集まるって訳でしょう。他のカモではまだ見たことがありません。

 昨日やっとそれなりに撮影出来ました。でも静止画で渦巻き水流まで写し取るのはなかなか難しいですね。ドローンみたいに真上から見下ろせればまるで花が咲いたようでいいのでしょうが、カモの仲間は特に真上から見られるのを警戒するので、それもなかなか難しいかもですね。

 私はハシビロガモのメリーゴーランドあるいはトルネードと勝手に呼んでます(笑)

 それからテレビ放映のお知らせですが、明日の月曜日の夜8時から1時間、NHK・BSプレミアムのワイルドライフで「密着1年 奥多摩の森 東京の大自然に迫る」が放送予定です。ここ数年私も一緒に撮影したカケスの蟻浴やクマの柿食い、サワガニの親離れ等々のパートに加えて、息子の遊野が撮影した厳寒期のナガレタゴガエルの産卵やヤマメへの抱接など(息子は撮影シーンで顔出し有かもです)。年末の忙しい時期ですが、時間あったら見て下さい。